包茎の種類に合わせ、最適な包茎治療を行います。東京,名古屋,大阪,神戸,広島,愛媛,福岡,熊本,札幌で開院。


包茎治療

包茎治療の目的

包茎は雑菌が繁殖しやすいなど、衛生・健康面を保つため手術が必要な場合があります。又はカントン包茎といわれる勃起時の障害も手術する必要があります。

手術跡が目立たないように求められる患者様が多い治療ですので、当院では形成外科医が、包茎手術をデザインすると言う観点で、治療します。

治療対象になる包茎の症状

仮性包茎・かせい包茎・化成包茎とは
仮性包茎とは、勃起時に亀頭が自然に露出する方もいれば、勃起時でも、 ほとんど皮を被った状態の方などいらっしゃいます。
真性包茎とは
真性包茎とは、亀頭が常に包皮に覆われているため、亀頭が先細りする場合が多くみられます。包皮が癒着し、雑菌が繁殖しやすく、衛生面からも治療することをお勧めします。
カントン包茎とは
カントン包茎とは、包皮口が狭いが、通常時には何とか亀頭を露出することができる状態をいいます。無理にむこうとすると亀頭のくびれ部分が締めつけられて戻らなくなるケースもございます。

※未成年の方は保護者の方の同意書が必要です。タイトルをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。

保護者同意書(保護者の署名および捺印が必要です)

同意書をご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe Readerプラグインが必要です。

  • 包茎治療・包茎の手術に関する匿名無料メール相談
  • 包茎に関する無料カウンセリング予約

このページの上まで戻る


  • 診療費用
  • 東京スカイクリニック案内/アクセス
  • 包茎や男性気に関するよくあるご相談
  • 包茎や男性器に関するご相談・予約フォーム

フリーダイヤル:0120-391-784 診療時間9:00~21:00 完全予約制

東京スカイクリニックのコンセプト
形成外科専門医による完全ハンドメイド手術による包茎治療。東京スカイクリニックは形成外科の技術力はもちろん、麻酔等における安全面でもワンランク上の医療を目指します。

安心・安全 クリーンルーム・麻酔機完備

モバイルサイトは左のQRコードを読み取りご覧下さい。

スタッフブログ

東京スカイクリニック所属学会