包茎手術をすると感度が下がるって本当?に医師がお答えします | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人、東京スカイクリニックへお任せください。

東京スカイクリニック イメージ画像

医療法人社団親盛会 形成外科・泌尿器科 東京スカイクリニック TOKYO SKY CLINIC

男性のお悩み症状
当院にご来院された500人に聞きました!実際のアンケートはこちら
あなたに適した治療は?WEB診断を見てみる
スカイメソッド
治療写真
クリーンルーム 麻酔に対してのこだわり
医師からのワンポイントアドバイス
勤務医募集中 東京スカイクリニックで働いてみませんか?

所属学会

  • 日本形成外科学会
  • 日本泌尿科学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本心臓外科学会
  • 日本脳神経外科学会

新着情報

包茎手術をすると感度が下がるって本当?に医師がお答えします

包茎手術をする際に、最も大切なのはクリニック選びと言っても過言では有りません。
包茎手術に関する情報をインターネットで探していくと「包茎手術で感度が下がった」といった情報を見かけることがあります。実際にカウンセリングの際にも患者様より、よくご質問いただきます。そのようなことを知ってしまうと「包茎は治したいけど感度が下がるのは困る、、。」とお考えになるのは、当然のことだと思います。その他にも、様々な口コミを目にするかと思いますが、いったいどこで違いが出るのかを知り、包茎手術に関する正しい知識を得ていただくことで、「リスクの少ないクリニック選び」が出来るのではないでしょうか。
ここでは「失敗すると感度が下がる理由」や「どうすれば感度が下がらないのか」この2点について解説します。

包茎手術の正しい知識を身につけよう

包茎手術はクリニック選びが最も重要です。不適切な手術方法や、手術にバラつきのあるクリニックを選ぶと、失敗するリスクもそれだけ上がります。最悪、“誤って、性感帯を切ってしまいました”なんてことは避けなければなりません。そのためにも、ご自身が正しい知識を身につけることが重要です。

おすすめは熟練の執刀医が施術するクリニック

包茎手術は、実績ある熟練の医師に執刀してもらうことをおすすめします。ペニスの形は人それぞれ。硬さや大きさ、性感帯の位置なども、人それぞれ違いますよね。誰が執刀するのかわからない、手術内容の理解に自信がない状態での手術は避けるのが賢明です。
手術の際は院長本人や、ある程度実績が豊富で、決まった執刀医が施術するクリニックがおすすめです。最適な手術方法に対応していることも重要なポイントです。また、事前に料金が決まっていて、術後に追加料などが発生しない料金システムを採用しているクリニックが安心できるでしょう。実際の口コミも参考にしながら判断しましょう。

感度が下がる理由と下げないための技術

包茎手術後に感度が下がらないようにするためには、性感帯を残すことがとても重要です。ペニスの性感帯は「亀頭」「カリ」「裏筋」の3つ。包茎手術では亀頭の下にある皮の部分を切除します。(人によってはここも性感帯であることがあります。)
これらの性感帯を一切傷つけることなく、キレイに手術が済めば感度は変わりません。もし執刀医の技術不足や、不適切な手術方法で施術を行い、性感帯が傷ついた場合には、セックスや自慰の感度が下がる可能性もあります。

手術方法と技術に注目する

もし手術に失敗したら生涯キズが残ることも。包茎手術で怖いのは、傷が残るのはもちろんですが、手術前よりも状態が悪くなってしまうことです。少しでも失敗するリスクを減らせるよう、クリニック選びのポイントを解説いたします。

信頼できる説明と明朗会計

カウンセリングで不安をあおり、別料金オプションをどんどん付け加えていくトラブルなども、残念ながらゼロとは言えないようです。手術後、ペニスの状態が悪くなり追加で手術をしなければならず、更に費用がかかってしまう事もあるようです。
そのため、料金や手術方法が予め決まっており、それ以外にお金がかからない、且つカウンセリングに無駄がなく、アフターケアもしっかり行ってるかを確認しましょう。

執刀医の経験や技術力

包茎手術で人気の施術方法のひとつに『亀頭直下埋没法』があります。縫合部が亀頭のカリに隠れて見えにくいため、術後の仕上がりが最もキレイなことから人気となっています。
しかし、こちらは高い技術力をもった熟練の執刀医でなければ、失敗するリスクが高くなる手術方法でもあります。
もし失敗すれば、以前より感度が落ちてしまう可能性は非常に高くなります。陰茎の真ん中から皮を切る「環状切開法」や、陰茎の根元から皮を切除する「根部切開法」に比べ、亀頭から派生した余分な皮を切除し、カリ下のラインに沿ってフリーハンドで縫い合わせていく『亀頭直下埋没法』は、技術力が必要な施術方法です。

カリ首に近い部分にメスを入れ、皮を特殊な針と糸で縫い合わせていくため、性感帯を傷つけるリスクもより高くなります。そのため、この施術方法ではより技量と実績を兼ね備えた執刀医に施術してもらう必要があります。カウンセリング時に医師に直接確認しましょう。

まとめ:感度を下げずに包茎を治すには、クリニック選びが大切

上述したとおり、包茎手術で感度が下がるかどうかは、執刀医の腕にかかっていると言えるでしょう。そのため、包茎手術で一番大切なポイントはクリニック選びです。感度を下げることなく手術を成功させるためには、性感帯を傷つけずに余分な皮を切除する必要があります。それには十分な技術と経験が必要不可欠です。
今回ご紹介した正しい知識を身につけ、ご自身のために安心して任せられるクリニックを見極めましょう。

東京スカイクリニックの治療の流れはこちら

ご相談・ご予約完全予約制

診療時間 9:00〜20:00/土日祝も診察

0120-391-784 0120-391-784

人には言いにくいお悩みですが、
安心してご相談ください。

ご相談から術後のケアまで、
全て秘密を厳守した
男性スタッフが対応致します。

公的保険の適用について

東京スカイクリニックは自由診療のクリニックです。より高度な医療技術に基づいた治療を提供しておりますが、公的保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。

現金によるお支払いのほか、提携カード会社の各種クレジットカードによるお支払いも取り扱っております。その他、医療分割・月々3,000円からお支払い可能です。

VISA MASTERCARD JCB AMERICAN EXPRESS T-Pointがたまります