早漏の原因は包茎が関係している?改善する方法をご紹介 | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人、東京スカイクリニックへお任せください。

東京スカイクリニック イメージ画像

医療法人社団親盛会 形成外科・泌尿器科 東京スカイクリニック TOKYO SKY CLINIC

男性のお悩み症状
当院にご来院された500人に聞きました!実際のアンケートはこちら
あなたに適した治療は?WEB診断を見てみる
スカイメソッド
治療写真
クリーンルーム 麻酔に対してのこだわり
医師からのワンポイントアドバイス
勤務医募集中 東京スカイクリニックで働いてみませんか?

所属学会

  • 日本形成外科学会
  • 日本泌尿科学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本心臓外科学会
  • 日本脳神経外科学会

スタッフコラム

早漏の原因は包茎が関係している?改善する方法をご紹介

「包茎を治せば、早漏が治る」そう思った事はないですか?早漏には“過敏性早漏”と“心因性早漏”、“衰弱性早漏”と3つのタイプがあります。特に過敏性早漏の場合、包茎と早漏には深い関連性があります。早漏を改善するには、自分がどのタイプか理解し、適切な対策をする事が大切です。

こちらの記事では、3つの早漏タイプとその改善法について解説していきます。

切っても切れない包茎と早漏の関係

切っても切れない包茎と早漏の関係

早漏になる原因は十人十色ですが、大きく分けると「過敏性早漏」と「心因性早漏」「衰弱性早漏」の3つのタイプに分けられる事がわかります。

ここではまず、それぞれの早漏のタイプについて解説します。

a.過敏性早漏

過敏性早漏とは、ほんのちょっと刺激を受けただけですぐに射精してしまう状態のことです。従来、射精には性的な刺激を脳が受け取ってから射精の準備が始まるため、すぐに射精してしまう事がありません。

しかし『過敏性早漏』の場合、脳で性的刺激を感じる前に脊髄にある射精中枢が反応してしまうため、挿入と同時に射精したり、何度か腰を振っただけでも射精してしまいます。特に普段、亀頭が包皮に覆われている場合、陰茎が刺激になれていないため過敏性早漏になりやすいといわれています。

b.心因性早漏

心因性早漏とは、実際に刺激を受けていなくても、想像や妄想のみで射精してしまう状態。本来であれば、性的行為で徐々に気持ちを高め合い射精します。しかし過去のトラウマや、以前、早い段階で射精した経験など、不安な事があると交感神経が活性化して興奮状態になりやすく、射精しやすくなります。

主に、過去のトラウマやストレスで発症しやすいですが、精神的な不安や自信のなさを改善する事で解消できます。

c.衰弱性早漏

衰弱性早漏は年齢を重ねることで筋力が衰え、射精を我慢できなくなる事で起こります。人間、歳をとればあらゆる筋力がおちてきます。それは射精を我慢する筋力「射精管閉鎖筋(射精をコントロールする筋力)」も同じです。

この筋肉が衰え始めると、これまで我慢できていたところで射精を我慢できず、射精時の勢いも弱まりだらっとした発射になりやすくなります。主に40代〜50代の男性に多く、学者やエンジニアなど運動が日課になっていない方に起こります。

早漏の改善方法

早漏の改善方法

以上のような早漏の種類からも見てわかるように、早漏になるには原因があります。逆にいうと、この原因を改善させることで早漏を改善する事ができます。直接、包茎とは関係ない事もありますが、包茎であることによって刺激に弱かったり、精神的にコンプレックスを抱えている方がいらっしゃる事も事実です。

これらの事を踏まえますと、早漏は以下の方法で改善できる事があります。

1.包茎を治すこと
2.トレーニングをすること
3.コンドームを分厚くする

それぞれ解説します。

1.包茎を治療する

過敏性早漏の場合、外的刺激に慣れる事で早漏を治せる事があります。包茎の方は普段、包皮によって守られているため、亀頭が直接何かと擦れる事がありません。陰茎の神経が敏感になっており、ちょっとした刺激でもすぐに射精してしまうことがあります。

そのため、包茎手術をして亀頭を常に露出している状態を作る事で、陰茎を徐々に刺激に慣れさせる事ができます。包茎で早漏な方は、手術をする事でこの状況を改善できるかもしれません。

2.射精をコントロールするトレーニングをする

早漏を治すにはトレーニングが必要です。先に述べたように早漏の原因は、包茎だけではありません。状態、精神、筋力、と複合的な要素が相まって早漏になります。

そのため、早漏を改善するには射精をコントロールするトレーニングが必要です。具体的には「オナニーをする際、射精の直前に寸止めする」という行為を繰り返す事でペニスを性的刺激に慣らし、射精をコントロールできるようにします。包茎を治療した後、この感覚を意識する事で、包茎だった時の癖を改善させる事ができます。
(※ただし、過度に行った場合は、遅漏の原因となる場合がありますので、医師に相談のもと適切な頻度で実施するようにしましょう。)

3.使っているコンドームを分厚くする

性行為時に分厚いコンドームを使う事でも早漏対策ができます。単純に包茎を治したり、トレーニングをするだけでは早漏が改善されない事もあります。そんな時は、性行為時に使うコンドームを厚くする事で刺激を減らし、射精を遅らせる事ができます。

包茎を治す事で早漏改善の一歩を踏み出そう

包茎を治療すれば早漏が治るというわけではありませんが、早漏になる原因の1つをなくす事はできるかと思います。特に包茎の場合、陰茎が刺激に慣れておらず、過敏性包茎になりやすくなります。

もし、包茎が原因で早漏になっている方は、包茎を治療した後、トレーニングする事で早漏の体質改善の第一歩を踏み出す事ができます。早漏が治れば、夜の営みも安心して楽しむ事ができますね。

東京スカイクリニックの早漏治療についてはこちらをご覧ください。

ご相談・ご予約完全予約制

診療時間 9:00〜20:00/土日祝も診察

0120-391-784 0120-391-784

人には言いにくいお悩みですが、
安心してご相談ください。

ご相談から術後のケアまで、
全て秘密を厳守した
男性スタッフが対応致します。

公的保険の適用について

東京スカイクリニックは自由診療のクリニックです。より高度な医療技術に基づいた治療を提供しておりますが、公的保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。

現金によるお支払いのほか、提携カード会社の各種クレジットカードによるお支払いも取り扱っております。その他、医療分割・月々3,000円からお支払い可能です。

VISA MASTERCARD JCB AMERICAN EXPRESS T-Pointがたまります