日本人に多い「包茎(俗称ドリチン)」とは?放置する危険性についてご紹介 | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人親盛会 東京スカイクリニックへお任せください。

 

スタッフコラム

     

日本人に多い「包茎(俗称ドリチン)」とは?放置する危険性についてご紹介

トップページ > コラム > 日本人に多い「包茎(俗称ドリチン)」とは?放置する危険性についてご紹介
 

男性が多く抱えている悩みとして、包茎(俗称ドリチン)があります。

ドリチンとは、ペニスを覆う皮が亀頭にかぶさっている状態のことです。亀頭が完全に露出していない状態を言います。見た目がドリルのようになっていることから「ドリチン」と呼ばれることが多いです。

しかし、このドリチンとはどのような状態のことを言うのでしょうか?また、ドリチンを放置していても大丈夫なのでしょうか。

ということで今回は、包茎の種類や放置することによる危険性についてご紹介いたします。

ドリチンの種類とは

ドリチンには、主に「仮性包茎」、「カントン包茎」、「真性包茎」の3つの種類があります。

仮性包茎とは、通常の状態では亀頭に皮がかぶっていますが、手で簡単に剥いて亀頭を露出させることが出来る状態のことを言います。勃起している時は、亀頭が露出します。軽度の仮性包茎であれば治療をする必要はあまりありません。

カントン包茎は、亀頭を露出させた状態を維持することが難しいというもので、無理やり亀頭を露出すると元に戻らなくなり、痛みなどを伴う場合があります。亀頭を絞めつけるような状態になり、痛みを伴うことが多いため、手術を行うのがよいでしょう。

真性包茎は、完全に皮がかぶっている状態のことで、手で剥いても亀頭を露出させることが出来ない状態のことを言います。真性包茎の状態では、衛生面、性交渉などで多くの問題があるため、出来るだけ早く手術を行うようにするのがおすすめです。

包茎手術についてですが、包茎の場合、健康保険が適応されるのは、カントン包茎、真性包茎の場合に限られます。仮性包茎の場合には、保険は適応されませんので注意が必要です。健康保険が適応となるのは、性生活や日常生活で支障がある場合です。

ご自身のペニスの状態がどの包茎なのかわからない場合は、お医者さんに一度相談すると良いでしょう。

東京スカイクリニックが、あなたのお悩みを解決いたします。ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

ドリチンを放置する危険性とは?

ドリチンをそのまま放置してしまうとどのような危険性があるのでしょうか?一番大きな問題は衛生面です。

ドリチンの場合、皮を常にかぶっている状態になってしまうため、垢がたまりやすくなってしまいます。亀頭がしっかりと露出していて、余分な皮がなければこのような状態を防ぐことが出来ます。

他にもペニスから悪臭がする問題もあります。皮をずっとかぶっているので垢がたまりそれが原因となって悪臭がするというケースは珍しくありません。ペニスが臭うと自分自身も嫌な気持ちになりますし、彼女や妻との性交渉の際などでも嫌がられてしまうということがあります。

さらに注意しておきたいのが、性病にかかりやすくなるということです。衛生環境が悪いため菌などが入り込みやすい環境になってしまいます。そのため、通常よりも性病になってしまうリスクが高まります。

性交渉の際などにも大きな悪影響があります。皮が余っていることによって、ペニスの感度が低下してしまうということや、早漏になりやすいと言われています。

このような状態では、性交渉の際にパートナーを満足させることが出来ない可能性があり、結果的に関係が悪化する危険性があります。

最悪の場合には、破局や離婚などに発展してしまうでしょう。

ドリチンであると、女性はもちろんですがトイレや温泉など同性の目が気になるというのも大きなデメリットです。トイレや着替えの際に他人の目が気になるのは、精神的にも大きな負担となってしまいます。

このように、ドリチンを放置してしまうと多くの危険性があります。メリットはほとんどありません。ドリチンにお悩みならまずは専門医に相談するようにしましょう。

東京スカイクリニックが、あなたのお悩みを解決いたします。ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

ドリチンは包茎手術がおすすめ

ドリチンは、包茎手術がおすすめです。ドリチンの場合、自分で治すというのは非常に難しいです。また、無理やり自分で治そうとすると、亀頭包皮炎などになってしまう危険性があります。

当院では、包茎手術を行っています。包茎手術を担当するのは、優れた技術を持ち、経験豊富な形成外科医が行います。ただ、包茎を治せばよいというものではなく、通常時、勃起時の状態を考えながら、見た目にもこだわった施術を行っています。

患者様それぞれにあったデザインを行います。自分のペニスをどのようなデザインに仕上げたいのかをしっかりとお聞かせください。患者様が納得して手術を受けることが出来るよう、入念なカウンセリング、説明を心掛けています。

当院の包茎手術には、スタンダードカット、デザインカット、ハイパーカット、ハイパーVカット、背面切開、癒着剥離、スカイメソッドなどがあります。それぞれ手術にかかる費用が異なります。

包茎手術痕を目立ちにくくしたいという場合や、隠したいという場合には、ハイパーカットやハイパーVカットがおすすめです。

東京スカイクリニックでは、手術後のアフターケアにも力を入れています。包茎でお悩みの方で、包茎手術をお考えなら、当院にお任せください。

東京スカイクリニックの包茎手術はこちら