包茎手術は何歳まで治療するべきか、手術の必要性について | 包茎手術・ED治療薬ならメンズライフクリニック(旧東京スカイクリニック)【公式】

 

スタッフコラム

     

包茎手術は何歳まで治療するべきか、手術の必要性について

トップページ > コラム > 包茎手術は何歳まで治療するべきか、手術の必要性について
 


「包茎手術は何歳までに治療するべきなのだろうか?」「今すぐ包茎手術をした方がいいのだろうか」とお悩みではないでしょうか。「包茎手術を何歳までに治療するべきか」は分からないですよね。実は、包茎手術は年齢によって様子を見る段階と、今すぐ包茎手術を行うべき段階があります。また、包茎を何歳までに治療すれば良いか知っていると、現状の包茎が「安心できる状態」なのか、「危険な状態なのか」を知ることができます。

ということで今回は、包茎手術は何歳まで治療するべきか、また、包茎手術を受ける必要性についてご紹介いたします。

なぜ包茎手術を受けなければならないのか?包茎の種類に沿った手術の必要性を解説!

包茎には症例によって「真性包茎」、「仮性包茎」、「カントン包茎」の3つに分かれます。症例によって深刻さが変わってくるため、まずはあなたがどの包茎に該当するかの確認する必要があります。

ここでは自身の包茎が、先ほどご紹介しました「真性包茎」、「仮性包茎」、「カントン包茎」のどれに当てはまるのかを確認するために、3つの包茎について詳しくご紹介します。また、各症状に対して、包茎手術の必要性も一緒に解説します。

真性包茎

真性包茎とは、亀頭に被さっている包皮の口が極端に狭く、亀頭を露出させることがまったくできない状態の包茎のことです。勃起状態になっても包皮が剥けないため、性行為は非常に困難です。

さらに問題なのが、真性包茎は包皮の内側を洗うことができないため、衛生面での不安があります。例えば、大腸菌や黄色ブドウ球菌、カンジダ菌などの細菌が、亀頭や包皮に感染しやすくなり、皮膚炎の発症や異臭を発生させることがあります。また、亀頭や包皮で増殖した細菌が尿道内に入り、尿路感染症や膀胱炎になる場合もあるため、真性包茎は非常に危険な包茎だと考えられます。真性包茎は放置すると多くのリスクがありますので、早急に治療をする必要があるでしょう。

仮性包茎

仮性包茎とは、通常時は亀頭に包皮が被さっていますが、指で剥けば亀頭を簡単に露出させられる状態の包茎のことです。仮性包茎は、「勃起時は自然に亀頭が露出する人」や、「勃起時でも少しだけ包皮が被っている人」などの程度の違いはあります。

他の包茎と異なり、包皮を剥く際には痛みは伴いませんが、手を離すことで少しずつ元の状態(亀頭に包皮が覆いかぶさる状態)に戻るという特徴があります。それほど大きなリスクはありませんが、見た目を気にして包茎手術を受けられる方はたくさんいらっしゃいます。

また、通常時は亀頭が包皮に隠れるため、恥垢が溜まりやすく、不衛生になりやすいです。真性包茎ほどではありませんが、細菌感染のリスクがないわけではないため、パートナーを気遣い、手術をされる方も少なくはありません。

カントン包茎

カントン(嵌頓)とは、包皮を剥くと締め付けがあるタイプの包茎のことです。通常時は包皮を簡単に剥くことができますが、勃起時に包皮を剥こうとすると痛みが伴うため非常に痛々しい包茎になります。また、無理やり包皮を剥くと亀頭の根元が締め付けられ、放置していると包皮が戻らなくなり、水膨れのように腫れてしまうことがあります。カントン包茎の方は、なるべく速やかに治療する必要があるため、至急、病院やクリニックへ相談に行くことをおすすめします。

東京スカイクリニックでは、無料メール相談、無料カウンセリング予約を受け付けております。ぜひお気軽にご相談下さい。

包茎は何歳までに治療するべきか?各年齢層に合わせた対応について解説

現在、包茎でお悩みの方の中には、「包茎はいったい何歳までに治療するべきだろうか?」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

ここでは、以下の年齢層に分けて包茎手術を受けるべきかどうかについて解説します。

新生児の包茎について

包茎手術は早い方が良いと言われますが、新生児の場合は例外だと考えましょう。なぜなら、ほとんどの新生児は真性包茎だからです。

特に、初めての子供を出産した親御さんは、幼年期の男の子の体について、知識があまりないことが多いため、子供のペニスを見て少し焦ってしまうかもしれません。ただ、新生児の真性包茎は正常であり、成長するとともに少しずつ包皮は剥けてきます。

一方、新生児や乳幼児の包茎が気になって無理に剥こうとすると、包皮が元に戻らずにカントン包茎になる場合があるため、むやみに新生児の包皮を剥くのは避けたほうが良いでしょう。

成人前の包茎について

「若年層の場合、成人になるまでは自然に包茎が治癒するので様子を見たほうが良い」と言われることがありますが、全ての場合において、様子を見たほうが良いとは限りません。
まず、先ほどもご紹介した通り「真性包茎」や「カントン包茎」の場合は、感染症や痛みを伴う場合がありますので、早急な治療をおすすめします。

幼年期の包茎は将来自然に治癒する可能性はありますが、成人前の包茎に関しては、思春期を境に、一度クリニックを受診されて、今後の対策を考えることが望ましいでしょう。

成人の包茎について

成人後の場合はペニスの成長も止まり、包茎の状態が自然に改善される見込みが薄くなります。男性は、包茎をコンプレックスに考える方が多いです。女性とのトラブルや、その他の大きなショックを受けることで、ED(勃起不全)になる可能性もあります。成人男性の場合、できるだけ早い包茎治療が理想ですので、一度、包茎の専門医にご相談ください。

高齢者の包茎について

最近増えているのが、60代、70代で包茎手術を受ける方です。老後に介護を受けることを考えて、包茎手術を受ける方や、孫に見られたら恥ずかしいということがきっかけで包茎手術を受ける方が多いです。
また、男女比の逆転も1つの原因になります。日本人の、平均寿命は女性が約6歳長生きします。男性の平均寿命は81歳で健康寿命を考えると、さらに10歳ほど下がります。定年後に訪れるスポーツジムやカラオケの集まりなどは女性が多く、男性が少ないのが実情です。複数の女性から注目されるようになり、第二・第三の人生を開花させるシニア層も増えています。
包茎は何歳になってもコンプレックスです。高齢になっても包茎手術で人生を豊かにできますので、ぜひ、包茎の専門医にご相談してみてはいかがでしょうか。

包茎の治療をするにはどこに相談をすればよいのか?

「包茎の治療を今すぐにでもしたい!」という方のために、包茎手術を行える医療機関を二つご紹介いたします。

病院

病院(主に泌尿器科)では、感染症や性病などさまざまな治療が可能です。包茎手術も可能ですが、一般的には、環状切開法による手術のみになります。環状切開法とは、亀頭を覆っている包皮を切開し、包皮を取り除き、切開部分を縫合する手術方法です。環状切開法は保険適用内の手術方法なため、手術費用を安価に済ませることができます。しかし、環状切開法は、傷跡としてツートンカラー(包皮の色にはっきり濃淡が出現すること)が起こるリスクがあります。

また、保険適用範囲の関係から、仮性包茎の手術は行わないという病院もあります。そのため、仮性包茎の場合は、包茎手術専門のクリニックがおすすめです。

包茎手術専門のクリニック

包茎や男性器の形は人さまざまです。包茎手術専門のクリニックでは、専門医が日々多くの施術を行いますので、技術や経験は病院と比べて豊富な傾向があります。東京スカイクリニックでは、「包茎手術に対して不安を持っている方」や、「どの包茎手術が良いのかお悩みの方」などのために、無料カウンセリング相談を受け付けております。「手術をした方が良いか」という相談だけではなく「手術跡が目立たないようにはどうしたらよいか」などデザイン面での相談ができます。

また、完全予約制で待合室がなく、全て個室で行うため、他の患者様に会うこともなくプライバシーが守られます。さらにスタッフはすべて男性のため、女性の目も気にする必要がありません。

包茎手術を真剣にお考えの方は、ぜひ一度、東京スカイクリニックにお越しください。

当院の全国のクリニック一覧はこちら

まとめ

新生児は100%真性包茎のため治療の必要はありません。成長の過程で包茎が改善する可能性があるため、少しの間様子を見ましょう。

成人前は成長途中のため様子を見たほうが良い場合も多いですが、真性包茎やカントン包茎の場合は早急に包茎手術が必要になります。また、感染症や臭いがきつい場合は、仮性包茎であっても一度専門医に相談した方が良いでしょう。
東京スカイクリニックのような包茎手術専門のクリニックで、カウンセリングを受けることもおすすめします。

成人後の男性は成長も止まり自然治癒の可能性はかなり低くなりますので、できるだけ早く、手術を行うことをおすすめします。

高齢者の場合は、介護生活になった時や、お孫さんをお風呂に入れる時、第二・第三の人生を充実するために備えて、コンプレックスを無くすための包茎手術をしている方が増加しております。

参考記事:90代で包茎手術も…介護見据えた男性たちの”備え”

多くの方が包茎で悩まれ、包茎手術という決断をします。患者様に来院後の感想を伺うと、「最初は恥ずかしさと不安でいっぱいでしたが、来院してみると、他の患者さんに会うこともなく、親身な相談でほっとした」などのお声をいただきます。そして包茎手術を終えた後は「自信がつきました」「彼女ができました」などの喜びのお声をいただきます。人によっては包茎が治りペニスを大きくしたいと再び来院される方もいらっしゃいます。
成人している方の包茎手術は、早く手術をされた方が良いに越したことはありません。悩みを持たれたら、まずは当院の無料カウンセリングをおすすめいたします。

無料カウンセリングはこちら
無料メール相談はこちら