ED(勃起不全)は離婚の原因になりうるのか?その原因について包茎手術専門医が解説します。 | 包茎手術・ED治療薬ならメンズライフクリニック(旧東京スカイクリニック)【公式】

 

スタッフコラム

     

ED(勃起不全)は離婚の原因になりうるのか?その原因について包茎手術専門医が解説します。

トップページ > コラム > ED(勃起不全)は離婚の原因になりうるのか?その原因について包茎手術専門医が解説します。
 

男性のペニスに起こる問題としてよく知られているのが、ED(勃起不全)ではないでしょうか。英語では、Erectile Dysfunctionと言われており、その略称としてEDと呼ばれています。

EDの定義は、「性交時に十分な勃起が得られない、もしくは十分な勃起を維持できないため、満足な性交が行えない状態」であり、具体的な症状としては、次のようなことが挙げられます。

  • ・勃起しても硬くならないので、挿入が難しくなる
  • ・性欲はあるのに、勃起しづらい
  • ・勃起してもその状態の維持が難しい
  • ・勃起をして挿入まではいけるが、すぐに萎えてしまう
  • ・勃起する時としない時がある

勃起をしない状態だけをEDと定義しているわけではなく、硬さが十分ではないものや勃起してもそれを維持できない状態も、同様にEDと呼ばれることがあります。今回は、そんなEDについて、もう少し深堀した内容を皆さんにお届けいたします。

ED(勃起不全)の症状発症に年齢は関係ない

EDと聞くと、中高年層をイメージする人が多いですが、実は、年齢は関係ないとも言われています。実際に、20~30代の、比較的若い年齢の人でも、EDになる可能性はあります。

EDの原因は非常に様々なものがあります。年を取ることや病気などによってEDになることもありますが、仕事や人間関係などのストレスによってEDになることもあります。よって「決して若いからEDにならない」というものではありません。男性であればどなたでもEDになってしまうという可能性があるということを知っておきましょう。

ED(勃起不全)がどうして離婚の原因になるのか?

ED(勃起不全)が離婚の原因になってしまうというケースは、実際にあるようです。男性側の問題なのにどうしてそれが、離婚につながってしまうのかと疑問に思っている人も多いでしょう。離婚につながってしまう原因として、以下のようなことが考えられます。

  • ・子供を作ることが難しくなる
  • ・女性の性欲を満たすことが難しくなる
  • ・愛情が薄れることがあるため

上記3つについて詳しくお話いたします。

子供を作ることが難しくなる

愛し合って結婚をすれば、その人との間に子供を作りたいと考えるのが自然なことだと思います。特に女性側に、そのように考えている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、男性がED(勃起不全)である場合、満足なSEXを行うことが出来ないため、子供を作りたいと考えていても実現するのが難しくなってしまいます。

また、女性が出産を考える場合、高齢出産になると大きな負担がかかりやすくなります。そのため、出来るだけ早く子供が欲しいと考えている女性にとって、EDは大きな問題です。

もちろん「子供を欲しくない」と考えている夫婦もいらっしゃると思いますが、結婚当初はそうであっても、年齢を重ねていくうちに「子供がいない人生の寂しさや不安」を感じだすということもあります。

SEXが出来ないとなると、愛していても、他のパートナーを見つけてその人の子供を作りたい、自分の子供を作りたいという気持ちから、最終的には離婚へ発展してしまうというケースがあるようです。

女性の性欲を満たすことが難しくなる

SEXは子供を作るための行為というのはもちろんですが、コミュニケーションの1つでもあります。つまり、好きな人とSEXをするのはお互いの愛情を確かめるための自然な行為だと考えられています。そのコミュニケーションを取ることが出来ないと女性は大きな不満を抱えてしまいます。

SEXと聞くと、男性側に性欲があるために行われる行為と思われがちですが、そうではなく、性欲は男女問わない自然な欲求という見方が、今は一般的です。SEXをすることによってお互いの性欲を満たすことが出来ますが、男性がED(勃起不全)の状態では、それができません。

女性の性欲が満たされない状態が続いてしまうと、その状況に耐えることが出来ずに不倫や離婚などに繋がることも少なくありません。SEXをしたいのに十分なSEXが出来ないというのは、男性にも女性にも大きな負担となります。

愛情が薄れることがあるため

自分の愛する人とSEXをしたいというのは、男性でも女性でも同じことです。今まではその人のことを愛していたのにも関わらず、男性がED(勃起不全)になってしまうことで、SEXを通じた夫婦間のコミュニケーションが取れないために、愛情が薄れてしまうということがあります。

愛情が薄れてしまうと、この人と一緒にいたいという気持ちが薄れて、結婚生活が破たんしてしまい兼ねません。そのため、離婚へと発展してしまうケースがあるのです。

このように、EDによって離婚に発展してしまうということがあります。もちろん、すべての夫婦がEDによって必ず離婚をするということではありませんが、そのリスクがあるということは知っておくべきでしょう。

ED(勃起不全)の治療について

ED(勃起不全)のまま放置するというのは、男性側にとっても女性側にとってもメリットはありません。また、満足なSEXが出来ないだけでなく、性欲の低下、女性に対する興味を失いかねないので、出来るだけ早く治療をすることが非常に重要です。

そこでまず、知っておきたいのがEDの治療についてです。

東京スカイクリニックでは、ED治療として様々な治療薬を処方しています。それぞれの患者さんのご要望や身体に合わせたものを処方します。この治療薬についてですが、処方だけということは行っておりません。治療薬の処方をする際には、必ず診察が必要になります。

東京スカイクリニックで処方している治療薬について、いくつかご紹介いたします。それぞれ料金が異なるのはもちろん、服用してから効果が出るまでにかかる時間、最も効果が高い時間、効果の持続時間などが異なるためご注意ください。

バイアグラ

EDの治療薬の中でもよく知られているものが、バイアグラです。バイアグラの料金は、450円(ジェネリック・25mg/1錠)、800円(ジェネリック・50mg/1錠)、1,400円(50mg/1錠)となっています。
効果が出るまでの時間は、服用から約30~60分となります。最も高い効果を得られる時間は、服用から約60分後です。効果の持続時間は約5時間となっています。

レビトラ

レビトラもEDの治療薬の中ではよく知られています。特徴としては、バイアグラよりも即効性があること、持続時間がバイアグラよりも長いという点が挙げられます。レビトラの料金は、1,700円(20mg/1錠)となっています。
効果が出るまでの時間は、服用から約30分となります。最も高い効果を得られる時間は、服用から約45分後です。効果の持続時間は約5~10時間となっています。

シアリス

シアリスはバイアグラやレビトラと大きな違いがあります。その違いは効果の持続時間です。シアリスの持続時間は約36時間であるため、治療薬を服用するタイミングを考慮することや、SEXをする時間やタイミングなどを気にする必要はないでしょう。プレッシャーやストレスなどを感じることなく服用することが可能です。

シアリスの料金は、1,500円(10mg/1錠)、1,700円(20mg/1錠)となっています。効果が出るまでの時間は服用から約60分となります。そして、最も高い効果を得られる時間は、服用から約60分後です。効果の持続時間は約24~36時間となっています。

東京スカイクリニックの治療薬の料金については、1錠単位の価格で、10錠以上から処方いたします。また、それぞれの治療薬の用法・用量を必ず守って服用してください。副作用などが起こる場合もあります。治療薬は、服用するだけ勃起をするというものではありません。性的な刺激を与えることで勃起しますので、必ず性的な刺激を与えるようにしましょう。

ED(勃起不全)に悩んでいる方、EDかもしれないと不安を感じている方へ

ED(勃起不全)にお悩みの方、EDかもしれないと不安を感じている方は、まず東京スカイクリニックにご相談ください。

東京スカイクリニックでは、患者さんへ安心して治療を受けて頂けるように配慮しています。治療の相談については、すべて男性スタッフが対応させて頂きます。また、完全予約制となっているため、他の患者さんと会うということもありません。

EDが原因で、離婚につながってしまうというケースもあるということをご紹介いたしました。1人で悩まず、まずは東京スカイクリニックにご相談ください。

東京スカイクリニックでは、カウンセリングを重要視しています。人に話しづらい悩みをしっかりと聞いて治療を行います。無料メール相談も行っていますので、お気軽にご利用ください。

無料カウンセリングはこちら
無料メール相談はこちら