保険が適用される包茎手術とは?適用される理由について解説 | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人親盛会 東京スカイクリニックへお任せください。

 

スタッフコラム

     

保険が適用される包茎手術とは?適用される理由について解説

トップページ > コラム > 保険が適用される包茎手術とは?適用される理由について解説
 


包茎に悩む男性は少なくないと言われていますが、その中でも多くの人が気になっているのは、「包茎手術には保険は適用されるのか?」ということではないでしょうか。

包茎には、主に以下の3つがあります。

  • ・真性包茎
  • ・カントン包茎
  • ・仮性包茎

この中で、保険が適用となるのは、真性包茎と日常生活において支障があるカントン包茎だと言われております。一方、仮性包茎の場合は保険は適用されません。また、保険適用される手術は手術方法が限られているため、カントン包茎や真性包茎の方でも保険適用の手術方法で手術しないと保険適用にならないことがあります。

このように包茎手術をするうえで、保険適用には適用される包茎と、そうではない包茎や、保険適用される手術方法があります。

ここで、「同じ包茎手術なのに、なぜ仮性包茎は保険適用されないのか?」と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか?

ということで今回は、なぜ真性包茎とカントン包茎は保険適用可能で、仮性包茎は適用外なのかについて解説します。さらに、包茎手術を保険適用で受けることについて、少し深堀した内容を皆さんにお届けいたします。

真性包茎とカントン包茎が保険適用される理由とは

真性包茎とカントン包茎が保険適用される理由は、機能面に不具合があるため治療が必要と考えられているからです。

真性包茎とカントン包茎はペニスが持っている本来の機能を果たすことが難しいため、治療が必要であると考えられています。

一方、仮性包茎は勃起した場合でも包皮を剥いて亀頭を露出させることができ、性行為の際も不具合なく行えるため、治療が必要であると考えられていません。そのため、仮性包茎は保険適用外になると言われています。

真性包茎とカントン包茎の人は保険適用される理由を理解できたと思います。しかし、保険適用だからといって費用が安くなるとだけ考えていてはいけません。保険適用で包茎手術を受けるデメリットも存在するため、しっかり知っておく必要があります。

保険適用で包茎手術を受けるデメリットについて

真性包茎・カントン包茎の場合、病院で保険適用の手術を受けられることをご説明しました。保険が適用されれば、手術費用を抑えられるため、安心した方もいらっしゃるかもしれません。しかし、保険適用範囲内で手術を受けるといくつかのデメリットがあります。ここでは、保険適用内で受けられる包茎手術のデメリットを、いくつかご紹介いたします。

跡が残る手術方法を採用している

保険で行う手術は、簡単に言えば最低限度の手術だと言われています。つまり、包皮を切って亀頭を出すことだけを目的としています。見た目や手術の傷痕などについては重要視していないため、治すことが出来ても、「手術痕が目立つ」「見た目が悪くなる」というケースが非常に多いのが特徴だと言われています。手術で治すことが出来ても、性交渉をする際に『その痕を見られ笑われてしまう』という可能性やトイレや温泉など同性に見られた時に、恥ずかしく感じることも少なくありません。

保険が適用されるのは泌尿器科や大きな病院などが多い

真性包茎の場合など、保険を使って行うという場合には、一般的に泌尿器科や病院などで行うことになります。これらの病院では、包茎手術のみを行っているというわけではないので、仕上がりの美しさが考えられていないことが多いです。傷痕が残ってしまうと、それを治すのは困難になります。傷痕が残る(またはツートンカラーになる)ことを避けるには、少し料金がかかりますが、包茎手術を得意とする専門のクリニックなどで行うことを検討すると良いでしょう。

女性の看護師や女性スタッフに見られると恥ずかしいという場合には、心理的なハードルになる

保険を使って手術を行う際に注意したいのが、病院などでは女性の看護師やスタッフが働いていることが多いということです。包茎手術を専門に行っているところなどでは、患者様のプライバシーを尊重してすべて男性スタッフが対応しているというところがほとんどでしょう。また、他の患者様と鉢合わせしないように完全予約制などが導入されています。

一般の病院などでは包茎手術を専門に行っているわけではありませんし、患者様がすべて男性ではありません。診察には女性、男性のどちらも来ますので、すべて男性が対応というのは難しいでしょう。

もちろん女性の看護師さんやスタッフの方はプロですし、仕事なので問題はありませんが、そうはいっても、見られるというのはとても恥ずかしいと考えてしまう男性が多いでしょう。そのため、どうしても躊躇してしまう人もいるようです。見られるのが恥ずかしいという場合には、料金はかかりますが、包茎手術を専門としているところでなおかつ、すべて男性スタッフが対応しているところで、受けるのが良いでしょう。

自由診療のメリットとは?

保険適用外の自由診療のメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?自由診療のメリットを紹介します。

見た目にこだわった包茎手術が行える

自由診療の大きなメリットは、見た目にこだわった手術を受けることが出来るという点があります。保険を使った手術では、必要最低限のものとなるため、見た目の美しさ、仕上がりなどはまったく配慮されていないことが多いです。その点、自由診療の当院では、見た目の美しさを考慮して行っています。

経験豊富で、技術の卓越した医師が手術を行います。男性器の通常時のサイズ、勃起した際のサイズを考慮した上で、どのくらい包皮を切るかを判断します。ただ余った包皮を切れば良いということではなく、美しく仕上げるために慎重にデザインを行います。これにより包茎が解消されるだけでなく、見た目にも心理的にも満足できるのが大きなメリットです。

様々な手術方式に対応している

自由診療の大きなメリットとして、様々な手術方式に対応しているという点が挙げられます。保険適用の場合には、手術方式を選択出来ないケースがほとんどですが、自由診療であれば自分にあった方式を選択出来ます。特に包茎手術の場合は、手術をしたことを他人に知られたくないと考える人がほとんどです。そのため、出来るだけ傷痕が目立たない・手術した事が他人にわかりづらくなる方式を希望する人が多いです。当院では、そのような傷痕が目立ちにくい方式に対応しています。

費用や傷痕の目立ちやすさなどにあわせて、選択出来るのが保険適用との大きな違いでしょう。

自分の希望通りに出来る

手術の主流は、切る手術です。そのため1度切ってしまうとそれを治すということは困難です。技術の低い医師や安価なところで手術を受けると、あとで後悔してしまうということにもなりかねません。当院では、医師が患者様に直接カウンセリングを行います。その中で、手術に関する悩みや不安、疑問、さらに費用などの相談を行います。

他にもどのような方法で、どのようなペニスにするかなど患者様の希望をしっかりとヒアリングして、医師と患者様の理想的なペニスのイメージを共有します。これによって、お互いのペニスに対する理想の相違を出来る限りなくしていき、患者様が希望するペニスに手術することが可能です。患者様に十分にご理解頂いた上で手術を行いますので、安心してご来院ください。

当院の包茎手術について

当院では、患者様のご希望にあわせて様々な方式に対応しています。それぞれの方式、料金、手術にかかる時間などは以下の通りです。

  • ・スタンダードカット…料金は90,000円で、手術にかかる時間は約20~30分
  • ・デザインカット…料金は150,000円で、手術にかかる時間は約20~30分
  • ・ハイパーカット…料金は250,000円で、手術にかかる時間は約20~30分
  • ・ハイパーVカット…料金は400,000円で、手術にかかる時間は約20~30分

詳しい包茎手術と料金に関してはこちらからご覧ください。

また、当院では、手術痕の目立ちにくい手術の他、他の病院やクリニックなどで行われた包茎手術痕の修正も行なっています。この場合の費用は、200,000円(税別)~となっています。ただし、状態によっては金額や手術にかかる時間が異なります。

当院での治療に関しては、手術を行った後にそのままご帰宅いただけます。基本的には、手術後であっても日常生活やお仕事などに大きな影響はありません。ただし、激しい運動や飲酒などはお控えいただくことになります。そのようなことを行うと、血行促進によって出血が激しくなるなどの症状が出る場合があります。

包茎手術後の性交渉については、約4週間はお控え頂くことが目安になります。自慰行為には、2週間~1ヶ月ほど禁止が目安です。

まとめ

包茎手術の一部では、保険が適用されて安く治療費を抑えることが出来る反面、多くのデメリットが存在しています。見た目の美しさを大切にしたい、傷痕を目立たせないようにしたいという患者様は、自由診療の当院にご相談ください。

無料カウンセリングはこちら
無料メール相談はこちら