カリ首にできるブツブツ「コンジローマ」とは?混同されがちなフォアダイスとの違いも含め、わかりやすく解説 | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人親盛会 東京スカイクリニックへお任せください。

 

スタッフコラム

     

カリ首にできるブツブツ「コンジローマ」とは?混同されがちなフォアダイスとの違いも含め、わかりやすく解説

トップページ > コラム > カリ首にできるブツブツ「コンジローマ」とは?混同されがちなフォアダイスとの違いも含め、わかりやすく解説
 

「カリ首にできているブツブツはいったい何なのだろう?」「イボのようなものが出来ているけど放置していても大丈夫かな」とお悩みではありませんか?上記のような症状を発症している方は、もしかしたら「コンジローマ」という性病かもしれません。

ということで今回は、コンジローマとは何か?ということを解説し、またコンジローマと混合されやすい「フォアダイス」についてもご紹介いたします。最後にはコンジローマの治療法をご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

コンジローマとは?その症状やコンジローマになりやすい人の特徴について解説

コンジローマとは、性器や肛門周辺などに出来るイボのことを言います。これは、ウイルス性感染症で、性交もしくはそれに似た行為を行うことによって発症すると言われています。

男性の場合、亀頭部分、包皮、陰裏などに出来やすく、最初は小さなブツブツだったものが少しずつ大きくなっていき、腫れあがることでカリフラワーのような状態になっていきます。

この原因となるウイルスに感染してもすぐに発症するというわけではなく、潜伏期間が約2~3ヶ月あります。また、感染しても自覚症状がないというケースがほとんどです。人によっては、痛みを伴う場合やかゆみを感じるということもあります。

このコンジローマは、時間が経てば治るというものではありません。症状が進行しないようにするため、また、感染を拡大しないようにするためにも、専門の医療機関で治療を行う必要があります。除去しなければ数が増えてしまうことや、イボが大きくなってしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。

もしも、コンジローマを発症している状態で、パートナーとコンドームを着用せずに性交渉をした場合には、そのパートナーにも感染してしまう危険性があります。さらに、このコンジローマは治療をした後でも再発しやすいというのが特徴です。

肉眼で見える部分のイボを切除してもその周辺にウイルスが残ってしまい、それが原因で再発します。

一般的に、包茎の人の方がコンジローマになりやすいと言われています。包茎の人の場合、亀頭部分が包皮に覆われているため、雑菌の好むジメジメとした状態になりやすく、雑菌の繁殖を促してしまいます。そうなると、雑菌やウイルスにとって快適な環境になることから、性感染症になってしまうリスクが高まるということです。

包茎であるならば、どうしても性感染症のリスクが高まるので、包茎手術を行うことを検討してみるのも良いでしょう。手術によって亀頭部分が完全に露出することで、衛生面が改善され、リスクを下げることが可能です。

フォアダイスとは何か?

フォアダイスとは、簡単に言うと脂肪や皮脂のかたまりであると言われています。亀頭部分や陰茎などの部分にブツブツしたものが出来ているということから、性病などではないのか?と心配になる人も少なくはありません。しかし、フォアダイスは性病ではありませんし、自然に発生するものなので、治療をしなければならないということもありません。また、性行為をするうえで大きな影響もありません。

しかしながら、見た目はブツブツが出来ているので、コンジローマと混同されてしまうケースが多いです。特にパートナーとの性交渉時に指摘されることや、嫌がられてしまうというケースもあります。

そのままでも問題はありませんが、臭いには注意が必要です。性病でないからと不衛生な環境にしてしまうと、他の性病などにもなりかねませんし、悪臭を放つことにもなりかねません。

コンジローマとフォアダイスの違いとは何か?

コンジローマとフォアダイスは、同じような場所にブツブツしたものが出来るということから混同されてしまいがちです。しかし、同じなのは見た目だけで違いがたくさんあります。その違いとは以下のようなものです。

コンジローマは性感染症

コンジローマは、性感染症ですので、パートナーと性交渉をする際に感染させてしまうということがあります。性交渉やそれと似たような行為をする時には、コンドームを着用するなどしないと、自分だけでなくパートナーにも迷惑をかけてしまうことになります。フォアダイスの場合には、ウイルスなどが原因になっているわけではないので、パートナーに感染するということはありません。

治療する必要があるのがコンジローマで、フォアダイスは治療する必要がない

コンジローマとフォアダイスの大きな違いとして挙げられるのが、治療の必要性があるか、ないかということです。コンジローマはウイルスが原因となっている性感染症です。

そのため、そのまま放置してしまうと症状が悪化してしまう可能性が高く、さきほどあげたようにパートナーに感染させてしまうリスクがあります。自然治癒するというものではないため、専門の医療機関で治療を受ける必要があります。

フォアダイスは、そもそも性感染症ではありませんので、必ず治療をしなければならないというものではありません。そのため、そのまま放置しても大きな問題はありません。

ただし、性器にブツブツが出来てしまうと見た目が悪くなりますし、女性にも性病と勘違いされてしまうことから、除去するための手術を受けるという人もいます。

フォアダイスを自分で除去しようと考えてしまう人もいるようですが、非常に危険なため、絶対にやめましょう。フォアダイスを除去したい場合には専門の医療機関に相談してください。

原因の違い

見た目はよく似ているコンジローマとフォアダイスですが、ブツブツが出来る原因が全く違います。コンジローマはウイルスが原因となって発症しますので、その原因となるウイルスを除去しなければ治りません。フォアダイスは、ウイルスが原因ではなく、脂肪や皮脂によって出来るものです。

コンジローマとフォアダイスの見た目は非常に良く似ており、それぞれを見分けるのは非常に困難です。自分で勝手に判断してしまうのは危険ですので、心配な場合には1度専門の医療機関で診察を受けましょう。

コンジローマの治療法とは?

コンジローマはウイルスが原因となっています。そのため、その原因を取り除かずに放置してしまうと悪化してしまうことや、他人を感染させてしまう危険性があります。コンジローマの治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?主な治療法としては、薬を使って行う方法と、レーザーなどによって焼くという方法があります。薬を使う場合は、薬によってウイルスを抑制、消滅させて治療を行います。

東京スカイクリニックでは、コンジローマの治療としてレーザー治療を行っています。このレーザー治療は、局所麻酔を使用して、ペニスに出来たブツブツを電気メスで焼くという治療です。レーザー治療の料金は、50,000円(1個除去)です。手術にかかる時間は約5~10分です。

コンジローマの治療法の詳細は、こちらからご覧ください。

このコンジローマの治療についてですが、ウイルスが原因となって起こるため、どうしても再発しやすいのが特徴です。コンジローマが再発してしまったという場合には、その都度治療が必要になります。

また、コンジローマの治療を行う前にパートナーと性交渉をしていると、そのパートナーに感染している可能性があります。そのような場合には、ご自身の治療はもちろんですが、パートナーの検査も行う必要がありますので、ご一緒に検査にお越しください。コンジローマの治療については、ウイルスの潜伏期間があるため治療後も数カ月単位で観察を行う必要があります。

まとめ

コンジローマは再発率が高いと言われており、多くの場合、3ヶ月以内に再発してしまうとされています。コンジローマを再発させないためには、いくつかの方法があります。

まず、性交渉をする際にはコンドームを着用するということです。もちろんコンドームだけで100%防げるというわけではありませんが、着用していない場合と比較し、予防効果は高いと言えます。

また、コンジローマはウイルスが原因となりますので、そのウイルスに対して抵抗力を高めることが重要となります。普段の食生活においてしっかりと栄養のある食事やバランスの良い食事を心掛けることも大切です。反対に、偏った食生活、不規則な生活を続けていると再発してしまうリスクが高まります。

さらに、仕事や人間関係などでストレスをため込んでしまうと抵抗力が弱まります。食生活と同じように、ストレスを上手く発散することも再発を防ぐためには必要です。コンジローマに感染して治療を受けたことがあるという人は、定期的に専門の医療機関で診察を受けるようにしましょう。

無料カウンセリングはこちら
無料メール相談はこちら