仮性包茎はどのような状態?手術が必要な理由と手術方法などを解説 | 包茎手術・ED治療薬ならメンズライフクリニック(旧東京スカイクリニック)【公式】

 

スタッフコラム

     

仮性包茎はどのような状態?手術が必要な理由と手術方法などを解説

トップページ > コラム > 仮性包茎はどのような状態?手術が必要な理由と手術方法などを解説
 

「自分は仮性包茎なのかどうかわからない」「仮性包茎は手術をしたほうが良いのだろうか」とお悩みではありませんか?仮性包茎を恥ずかしいと思われる方は非常に多くいらっしゃいます。そのため、「自分が仮性包茎なのかどうかを確かめたい」と考える方も多いのではないでしょうか?また、ご自身が仮性包茎だった場合は、手術は必要なのかどうかが気になるのではないでしょうか?

そこで今回は、仮性包茎の詳しい状態から手術が必要なのかどうかについてご説明いたします。また、仮性包茎の手術をお考えの方のために、東京スカイクリニックが行っている手術方法についても詳しくご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

仮性包茎とは?

仮性包茎とは、通常時・勃起時ともに容易に包皮を剥くことができる包茎のことです。また、勃起時は亀頭が自然に露出しますが、通常時は亀頭の一部、もしくは、全てが隠れているのが特徴です。軽度な仮性包茎から重度な仮性包茎など、症状やタイプは非常に様々です。

仮性包茎は、常に亀頭が包皮に包まれている真性包茎や、亀頭が膨れ上がることで勃起時に包皮が剥くことが困難な嵌頓包茎とは違い、医学的には問題はないとされています。そのため、仮性包茎であることで日常生活に何か支障が出ることはほとんどありません。

しかし、東京スカイクリニックへご来院される方の中には、仮性包茎に悩まれている方が非常に多くいらっしゃいます。なぜなら、仮性包茎には以下のようなデメリットがあると考えられているからです。

  • ・炎症や性病などが起こりやすいから
  • ・異性や同性に見られるのが恥ずかしいから
  • ・性交渉時に早漏になりやすいから
  • ・不衛生な環境になりやすく、悪臭を放つことがあるから
  • ・性行為で、女性の膣炎を誘発してしまう可能性があるから
  • ・陰茎癌などになる確率が高くなるから

上記のほかにも、高齢の方が包茎手術を希望されることも多数あります。介護されることを見越して、ペニスを見られても恥ずかしい思いをしないために、包茎手術を受ける方が多いです。

「仮性包茎は何も問題ないから放置しておこう」とは考えず、老後のことや上記のようなデメリットのことを考えて、包茎手術を考えてみてはいかがでしょうか。

仮性包茎に手術が必要な理由とは?

仮性包茎は、医学的には問題はなく、日常生活において大きな支障が出ることがほとんどないと言われていますが、東京スカイクリニックでは、仮性包茎は改善したほうが良いと考えております。なぜなら、仮性包茎は雑菌が好む環境を作り上げるため、不衛生になりやすく、炎症や性病を発症させるリスクがあるからです。

さらに、ペニスが不衛生だと女性との性交渉で膣炎などの症状を引き起こさせる可能性があります。仮性包茎はご自身だけに悪影響を及ぼすだけではなく、女性にも悪影響があるため、関係はないとは考えず、女性に対するエチケットとして包茎手術をお受けすることをおすすめいたします。

また、同性や異性からペニスを見られるのが恥ずかしいという方もいらっしゃることでしょう。温泉や銭湯に入る前にご自身で包皮を剥いてから入浴されるという方も多くいらっしゃいます。

参考記事:NHK WEB特集 包茎はダメ、じゃない

仮性包茎であることがコンプレックスだと感じてしまっている方にとっては、日常生活において、精神的な負担があると考えられます。仮性包茎のコンプレックスを解消するためには、包茎手術が必要となります。

ご自身や女性に炎症や性病にかかるリスクを持っている、他人に見られて恥ずかしいと思うコンプレックスを抱えたまま、日常生活を送るのは精神的にも大変でしょう。早期に包茎手術を行い、そのようなリスクや悩みを解決しましょう。仮性包茎でお悩みの方は、そのまま放置せず、まずは一度、包茎の専門医に相談をしてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングはこちら
無料メール相談はこちら

仮性包茎の手術方法とは?切る手術・切らない手術をご紹介

仮性包茎の手術方法には、切る手術と切らない手術があります。包茎手術と言えば、切る手術を想像しますが、切らない手術で仮性包茎を改善することも可能です。ということで、2つの手術方法について詳しくご紹介いたします。

切る包茎手術

切る包茎手術では、余っている皮を切除することによって亀頭を完全に露出させます。手術方法は、手術痕が目立ちやすい手術から、手術痕が目立ちにくい方法など様々です。

東京スカイクリニックでは、スタンダートカット、デザインカット、ハイパーカット、ハイパーVカットなど、患者様のご予算やご希望に合わせた手術方法をお選びいただくことが可能です。詳しい手術方法については以下のページでご覧ください。

東京スカイクリニックの包茎手術方法について確認する

切らない包茎手術について

「切る包茎手術は怖い」「手術痕が残るのは嫌だ」と考えている方も多いことでしょう。そのような方のために、切らない包茎手術についてご紹介いたします。

東京スカイクリニックでは、切らない包茎手術としてスカイメソッドという方法があります。具体的には、亀頭に薬剤を注入することで亀頭を大きくし、包皮が覆わないようにする方法です。メスで包皮を切ることがないため、安心して手術を受けていただくことができます。

また、このスカイメソッドでは、運動などの制限もなく、手術後すぐに普段通りの生活をすることが可能です。

ただし注意点として、このスカイメソッドでは、仮性包茎の程度によっては改善を出来ない場合がございます。軽度の仮性包茎であれば薬剤の注入で仮性包茎が改善しますが、重度な包茎の方は改善しない場合があります。ご自身の仮性包茎がスカイメソッドで改善できるかどうかについては、カウンセリング時にお尋ねください。

軽度の仮性包茎なら、増大手術で改善可能

軽度の仮性包茎の場合、包茎手術以外でも改善させることが出来ます。それは、薬剤を注入して行う増大手術です。この手術では、陰茎、亀頭部分を薬剤によってボリュームアップさせて、ハリがあり、見た目が美しくて、たくましいペニスにするというものです。亀頭部分をボリュームアップさせ、カリ部分に包皮が引っかけることで、仮性包茎の状態を改善することができます。

東京スカイクリニックでは、吸収タイプ、持続タイプ、長期持続タイプ、半永久定着タイプなどがあります。注入する量によって、ボリュームアップ出来る大きさが異なるため、カウンセリング時に、症例写真を見ながら、どのような大きさにするかを決めると良いでしょう。亀頭増大術では、薬剤を注射する際に極細針を使用して行うので、傷痕はほとんど残りません。傷痕の目立ちを気にする方に非常におすすめの方法です。

東京スカイクリニックには、包茎手術に関する優秀な医師が多数在籍しておりますので、包茎手術のことなら何でもご相談ください。

東京スカイクリニックで仮性包茎の手術を行うメリットとは

仮性包茎の手術を行うなら、ぜひ、東京スカイクリニックへご来院ください。東京スカイクリニックで包茎手術を行うメリットは、以下の通りです。

  • ・完全予約制なので、他の患者様と会うことはない
  • ・すべて男性スタッフで対応
  • ・しっかりカウンセリングを行うことで、仕上がりのイメージを共有可能
  • ・マイクロサージェリーによる施術で、患者様のご要望通りに仕上げることが可能
  • ・独自の麻酔技術によって、痛みの軽減が可能
  • ・入院や通院の必要はなし
  • ・アフターケアが万全
  • ・症例数が多く、実績が豊富

このように、東京スカイクリニックで包茎手術を行うと多くのメリットがあります。仮性包茎を自力で治すのは、非常に難しいです。そのため、包茎手術の実績が多い、優秀な医師が多く在籍している東京スカイクリニックに、まずはご相談ください。

無料カウンセリングはこちら
無料メール相談はこちら

まとめ

仮性包茎は医学的には問題はないとされていますが、それでも、性病や炎症を引き起こす原因や、女性へのリスクも考えられるため、包茎手術で仮性包茎の改善をおすすめいたします。

東京スカイクリニックでは、仮性包茎の改善方法として、切る手術と切らない手術をご用意しております。軽度な仮性包茎であれば、切らない手術で改善できますので、ぜひ一度ご相談下さい。