60代~70代のシニア世代必見!第二の人生に備えた包茎手術とは?代表的な症状や手術等についてご紹介 | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人親盛会 東京スカイクリニックへお任せください。

 

スタッフコラム

     

60代~70代のシニア世代必見!第二の人生に備えた包茎手術とは?代表的な症状や手術等についてご紹介

トップページ > コラム > 60代~70代のシニア世代必見!第二の人生に備えた包茎手術とは?代表的な症状や手術等についてご紹介
 


「介護される時に、ペニスのことで恥ずかしい思いをしたくない」、「温泉旅行で恥ずかしい思いをしたくない」とお悩みではありませんか?

上記のようにお悩みの方の中には「今さら包茎手術なんて…」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、近年、60代~70代のシニア世代の包茎手術が増加していることをご存じでしょうか。

東京スカイクリニックへご来院下さいました患者様500名に独自でアンケート調査を行った結果、「治療をしようと思ったきっかけ」として約39%の方が「入院・介護に備えて」と回答しております。その他にも、約29%が「温泉旅行・慰安旅行」の際に治療しようと思ったと回答しております。このアンケート調査から「誰かに見られて恥ずかしい思いをしたくない」という方が多く、包茎手術へ至ったのだと考えられます。

また、先ほどのアンケート調査にご協力していただいた500名のうち、約32%が60代~70代であることから、包茎について悩んでいるシニア世代は非常に多いことが分かります。もし、包茎についてお悩みでしたら、東京スカイクリニックへお気軽にご相談ください。豊かなシニアライフや快適な介護生活を送るために包茎手術を行いましょう。

それでは、60代~70代のシニア世代の包茎手術や、代表的な症状や手術等についてご紹介いたします。

60代~70代のシニア世代の包茎症状について

60代~70代のシニア世代の包茎症状として挙げられるのが以下の2つです。

  • ・老人性包茎
  • ・糖尿病包茎

シニア世代の包茎症状には、若い人たちとは異なる原因で包茎になってしまうことがあります。もともと包茎ではなかった方でも、加齢とともに包茎になってしまうことがあるほどです。ということで、代表的なシニア世代の包茎症状として「老人性包茎」と「糖尿病包茎」についてそれぞれご説明していきます。

老人性包茎

老人性包茎とは、加齢とともに下腹部の筋肉が衰え、ペニスが埋まってしまうことや、ペニス自体が萎縮することで包皮がゆるみ、ペニスが被ってしまう症状のことです。さらに、老人性包茎の最大の特徴は、若い頃は包茎ではなかった方でも包茎になる可能性は大いにあるということです。

老人性包茎は必ずなるものではありませんが、メタボが引き金となって40代から包茎になってしまう人もいらっしゃいます。そのため、日頃運動をしない人や太り気味の人は老人性包茎になりやすい傾向があります。

老人性包茎を放置していると、ペニスの衛生面に悪影響を及ばすため、結果的に、尿道炎や雑菌が繁殖し、炎症を起こすことがあります。また、介護する側もペニスの状態を心配する原因になりうるため、ご自身のためだけでなく、介護してもらう方のことを考えると、老人性包茎の治療をおすすめいたします。

糖尿型包茎

糖尿型包茎とは、糖尿病が原因でなる包茎のことです。別の言い方をすると、糖尿病の合併症によって引き起こされる包茎のことです。糖尿型包茎の特徴は、糖尿病の病状悪化により、皮膚が脆くなったり、包皮を無理に剥くことで炎症を引き起こしたり、ひどい場合は裂傷が起こしたりする場合があります。

炎症や裂傷を何度も繰り返していくことで包皮が少しずつ硬くなり、包皮が剥きにくくなるため、結果的に、亀頭に包皮が被ったままの状態になってしまいます。糖尿型包茎になってしまうと、自然に治癒することは非常に困難です。糖尿型包茎を治療するためには、包茎手術が必要不可欠となります。

また、元々仮性包茎だった人が、急に糖尿型包茎になってしまうというケースは非常に多いです。糖尿型包茎を放っておくと、ペニスに痛みを感じるようになり、日常生活にも支障をきたすこともあるため、出来る限り早めの包茎手術をおすすめいたします。

東京スカイクリニックの手術の特徴

東京スカイクリニックでは、シニア世代の方にも安心していただけるような包茎手術を行っております。熟練の技術と経験を誇る形成外科医が、患者様の包茎手術を担当させていただきます。また、ペニスの通常時の状態や勃起時のサイズを考慮したうえで包茎手術を行います。

「介護の時に恥ずかしい思いをしたくないから包茎手術をしたい」、「温泉旅行に行ったときに見られて、恥ずかしい思いをしたくない」という方のために、慎重に包茎手術を行い、外見的にも美しく仕上げていきます。

患者様が、「事前に考えていたイメージと大きな差があった」ということがないように、患者様の希望する状態について入念にカウンセリングさせていただいております。また、包茎手術の際は、治療内容について分からないことがないように説明させていただくことを心掛けております。

包茎手術は少し勇気のいることかもしれません。少し不安があるという方は、まずはお気軽にご相談してください。

無料カウンセリング相談はこちら
無料メール相談はこちら

東京スカイクリニックの手術の方法・料金・時間

東京スカイクリニックの手術の方法は以下の通りです。

  • ・スタンダードカット
  • ・デザインカット
  • ・ハイパーカット
  • ・ハイパーVカット

上記4つの包茎手術方法や料金・時間についてご説明していきます。どの包茎手術がご自身にとって良いのかを確認しておきましょう。

スタンダードカット

スタンダードカットとは、余分な包皮を切除し、陰茎の中ほどで縫合する方法です。泌尿器科などの一般的な病院が行う施術に近く、シンプルな包茎手術方法です。

スタンダードカットは熟練の技術や経験を誇る形成外科医が行いますが、手術痕が少し目立ってしまうことがあります。

料金は90,000円で手術時間は約20分~30分程掛かります。

デザインカット

デザインカットとは、スタンダードカットより亀頭下部に近い位置で縫合するため、手術痕を目立ちにくくすることが出来ます。

料金は150,000円で手術時間は約20分~30分程掛かります。

ハイパーカット

ハイパーカットとは、デザインカットよりもさらに亀頭下部に近い位置で縫合する手術です。通常時は包皮のシワを利用して、手術痕をほぼ隠して目立ちにくくすることが出来ます。

料金は250,000円で手術時間は約20分~30分程掛かります。

ハイパーVカット

ハイパーVカットとは、カリ首(亀頭の根本)で縫合する手術のことです。ハイパーカットのように包皮を利用して手術痕をしっかり隠すことができます。
さらに、勃起時もほぼ隠すことができ、手術痕はほとんど分かりません。

料金は400,000円で手術時間は20分~30分程掛かります。

以上のように、東京スカイクリニックには非常に多くの術式があるため、患者様のご要望に合わせた包茎手術を行うことができます。また、包茎手術以外にも亀頭増大・陰茎増大などの術式を合わせて受ける方も多くいらっしゃいます。亀頭の大きさに自信がない方は、ぜひ、包茎手術と合わせて亀頭増大・陰茎増大をご検討下さい。

包茎手術の料金・時間・方法ついてさらに詳しく見る
亀頭増大・陰茎増大の料金・時間・方法ついて詳しく見る

手術の流れ

手術の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 1.診察・相談を行う
  2. 2.手術を行う
  3. 3.手術後の説明を行う

上記の3つの流れをご説明していきます。包茎手術に不安のある60代~70代の方はご家族・ご友人の方と一緒に確認しておきましょう。

診察・相談を行う

東京スカイクリニックでは、完全貸切・予約制のプライベートクリニックのため、事前にご予約をしていただき、お越しいただくことになります。診察にあたっては、カルテ作成のために簡単な問診票をご記入いただき、そちらを参考にカウンセリングを行い、患者様の現状把握を行います。

カウンセリングの際、包茎手術に対する不安や悩み、疑問点、費用のことなどについてお気軽にご相談ください。

カウンセリングを終えた後にご納得して頂けたのなら、手術の準備をさせていただきます。ただし、当日に必ず包茎手術をしなければならないわけではございません。
心の準備などもあるかと思いますので、一度帰宅してからご家族と話をして頂いても良いでしょう。

手術を行う

包茎手術の手術時間は約20分~30分程度で完了します。事前にヒアリングしていたイメージに沿ってデザインを仕上げていきますので、ご安心ください。

手術後の入院は不要なので、そのままご帰宅して頂くことも可能でございます。

手術後の説明を行う

包茎手術を終えた後は、術後のケアについて説明させていただきます。東京スカイクリニックでは患者様一人一人に生活習慣についてお聞きし、ケアプランをしっかり計画します。

包茎手術後に何か不安や疑問点ございましたら、この際に遠慮なくお聞きください。患者様の不安を出来る限り無くすために、丁寧にお答えいたします。

手術後の注意点とケア

手術後の注意点は以下の通りです。

  • ・手術後当日は血行が促進されることを控える(激しい運動・飲酒・入浴・湯船に浸からないなど)
  • ・性交渉や自慰行為は手術当日から一か月間控える
  • ・プールや銭湯などで不特定多数の人と過ごすのは控える

また、手術後のケアとして一週間程度は患部とその周辺を清潔に保つように心がけましょう。ただし、入浴時はゴシゴシと力強く洗うのは控えてください。

手術後しばらくは痛みを感じる場合もあるため、アフターケアとしてお薬や痛み止めを処方しております。用法・容量を守ってお使いください。

まとめ

60代~70代の方の多くは、「今さら包茎手術なんて…」と思われるかもしれませんが、実は、60代~70代で包茎手術を受ける患者様は非常に多くいらっしゃいます。また、90代でも包茎手術を受ける方もいらっしゃいますので、包茎手術に「今さら」なんてことはありません。

参考記事:90代で包茎手術も… 介護見据えた男性たちの“備え”

ご自身の包茎に少しでもお悩みなら、ぜひ、東京スカイクリニックにご相談下さい。東京スカイクリニックでは、無料カウンセリング、無料メール相談を行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

無料カウンセリング相談はこちら
無料メール相談はこちら