仮性包茎の方に発生しやすい恥垢とは?原因や対策方法をご紹介 | 包茎手術・ED治療薬ならメンズライフクリニック(旧東京スカイクリニック)【公式】

 

スタッフコラム

     

仮性包茎の方に発生しやすい恥垢とは?原因や対策方法をご紹介

トップページ > コラム > 仮性包茎の方に発生しやすい恥垢とは?原因や対策方法をご紹介
 


仮性包茎の場合、勃起時には包皮が剥けて亀頭が露出しますが、通常時は亀頭が包皮に包まれるため、恥垢(ちこう)が溜まりやすいと言われています。恥垢が溜まると、異臭や感染症などを引き起こす原因になるため、恥垢の発生をできる限り抑えなければなりません。

しかし、仮性包茎の方が恥垢の発生を抑え、清潔な状態を保つためにはどのようにすれば良いのでしょうか?仮性包茎に恥垢が発生しやすい原因を解説し、その対策方法について解説します。

恥垢とは何か?

恥垢とは、包皮と亀頭の間に溜まる白い垢(アカ)のことを言います。恥垢の正体は、尿や精液、または、皮膚の新陳代謝によって分泌された皮脂です。恥垢自体は無菌なため、少量であれば大きな問題はないとされています。しかし、そこに細菌が付着することで、亀頭包皮炎などを引き起こす場合があります。また、恥垢が溜まりすぎると、強烈な臭いを発するため、溜まらないように、ペニスを清潔に保たなければなりません。

関連記事:包茎の人が患いやすい「亀頭包皮炎」とは何か?その原因と対処法について徹底解説

なぜ、仮性包茎の人に恥垢が発生しやすいのか?

恥垢は、仮性包茎の人に多く溜まりやすいと言われています。仮性包茎の人は、勃起した時には、亀頭が露出しますが、通常時は亀頭が隠れてしまいます。亀頭が包皮に隠れることで、ペニスに汚れや老廃物が溜まりやすい環境ができ、包皮と亀頭の間に恥垢が発生しやすくなるのです。

また、仮性包茎の人は、排尿することによってペニスと包皮の間に残尿が残っていることが多く、恥垢が溜まりやすいとされる湿った環境ができるのも、恥垢が発生しやすい原因の一つと考えられます。

恥垢が溜まることによって起こるデメリットとは

恥垢が溜まることによるデメリットは、ペニスが痒くなる、性病にかかってしまうリスクが高まるなどがあります。恥垢によって引き起こされる病気として挙げられるのが、カンジダ症や亀頭包皮炎です。カンジダ症はペニスにかゆみなどの症状が出る病気のことです。一方、亀頭包皮炎は勃起時に包皮を剥くことが難しくなる病気で、無理やり剥こうとすると、包皮に亀裂が入るため痛みを伴います。どちらも恥垢が原因となる病気なので、清潔に保つように心がけなければなりません。

また、恥垢が溜まることで、自分だけではなくパートナーにも悪影響を与えてしまうことがあります。ペニスに雑菌などが付着している状態で、パートナーと性交渉をすると、その雑菌が原因となり、膣炎(ちつえん)などを引き起こしてしまうことがあります。

オーラルセックスでも、ペニスに付着している雑菌がパートナーの体内に入り込んでしまい、のどの痛みや発熱を引き起こしてしまうことがあります。意図的ではないとしても、大切なパートナーに感染させてしまうと、非常にショック受けるものです。性交渉をする前には、しっかりペニスを洗い、清潔な状態にしたうえで、コンドームの使用を徹底しましょう。

仮性包茎の方が恥垢を溜めないための対策方法をご紹介

仮性包茎の方が恥垢を溜めないようにするには、以下の対策方法が挙げられます。

  • ・ペニスを清潔に保つように心がける
  • ・包茎手術を受ける

それぞれの対策方法について詳しくご紹介いたします。

ペニスを清潔に保つように心がける

恥垢がペニスに溜まるのを防ぐには、何よりもペニスを清潔に保つことが重要です。仮性包茎の人は、通常時は、包皮によって亀頭が隠れてしまうので、入浴する際には手で剥いて洗う必要があります。亀頭部分、包皮の部分をしっかりと洗い、洗い残しのないように心がけましょう。特にペニスの内側に恥垢は溜まりやすいので、手で剥いて優しく洗うのがポイントです。ゴシゴシと力を入れて洗うと、包皮や亀頭を傷つけてしまうため、痛みを感じることがあります。

また、排尿時も注意が必要です。出来るだけ包皮を剥いて、亀頭を露出した状態で排尿をすることが望ましいと考えられます。亀頭が露出していない状態で、排尿を行うと、尿がペニスと包皮の隙間に残りやすいため、恥垢が溜まりやすくなります。

仮性包茎の方は、包茎ではない方と比べて、恥垢が溜まりやすいということを意識して日常生活を過ごしましょう。

包茎手術を受ける

仮性包茎を治すには、包茎手術を専門に行っているクリニックで手術を行うのが最も効果的な治療法となります。勃起時だけでなく通常時でも亀頭が完全に露出した状態になれば、雑菌が付着する部分が少なくなります。入浴時や排尿時に、わざわざ剥いて洗う・排尿をするという煩わしさがなくなるので、包茎手術はおすすめです。手術前と比較すると、衛生面が劇的に改善されます。

包茎手術をお考えの方は東京スカイクリニックへぜひご相談下さい。

包茎手術なら東京スカイクリニック

包茎手術のことなら、ぜひ、東京スカイクリニックへご相談下さい。豊富な知識、熟練された技術を持つ形成外科医が包茎手術を担当します。他院との大きな違いは、デザイン力です。東京スカイクリニックでは、1人1人に最適な治療法で、手術を行っているため、通常時のサイズと勃起時のサイズを考慮した上で、どのくらいカットするか?どのくらい残すのか?などを決めることができます。

また、余った包皮をカットすれば良いという考え方ではなく、全体が美しく仕上がるように、慎重に切開線を決定して行います。患者さんとのコミュニケーションを大切にして、手術後のイメージを共有して治療方法をご説明いたします。

手術では、患者さんの痛みが少なくなるよう段階的に麻酔を行います。表面麻酔を使用して、皮膚の感覚を一度鈍らせてから、追加で麻酔注射をしております。また、手術後の痛みを和らげるために、痛み止めの処方を行っております。

包茎手術について、手術痕が残ることが心配という患者様が多いですが、傷痕が目立たないようにする包茎手術も可能なので、他人に手術痕を指摘されるようなことは、ほとんどありません。

東京スカイクリニックの包茎手術の料金、手術時間について

包茎手術には、いくつかの種類があります。スタンダードカット、デザインカットをはじめ、ハイパーカット、ハイパーVカットなどの手術方法があります。各手術方法は手術の難易度に応じて技術を要するため、料金が異なります。

一般的な病院で行われるシンプルな包茎手術方法から、通常時の場合、包皮のシワに手術痕が隠れ、手術痕がほとんどわからない方法などがあります。通常時でも、勃起時でも他の人に包茎手術をしたことが知られたくない人は、ハイパーVカットやハイパーカットによる包茎手術が最適です。手術痕を少しでも目立たせないようにするのはもちろん、見た目や価格などで選ぶならデザインカットがおすすめです。

東京スカイクリニックの包茎手術について詳しく見る

東京スカイクリニックの切らない包茎手術について

東京スカイクリニックには、切らない包茎手術として「スカイメソッド」という手術方法があります。スカイメソッドは薬剤による切らない手術で、薬剤を注入する量によって金額は変動しますが、60,000円~から受け付けております。

手術時間として、殆どの手術が約20~30分ほどで終わり、入院などの必要もありません。受けたその日の内に帰宅出来るので、家族や友人などに心配されることや、包茎手術を受けたことが知られてしまう心配もありません。

また、スカイメソッドは、切る包茎手術と異なり、手術痕が残りません。薬剤を注入することで亀頭を大きくし、包皮が亀頭を隠すのを抑えます。包茎になってしまう原因の一つとして、亀頭部分が小さいためということがあります。大きくすることによって包皮が亀頭を覆うことがなくなり、亀頭を露出させることが可能です。

さらに、切る包茎手術と異なり、切らない手術には、手術後の制限がほぼありません。手術当日からシャワーでの入浴もでき、手術の翌日から性交渉や飲酒を行うことも出来ます。「仮性包茎を治して恥垢を溜まらないようにしたい人」、「旅行に行くことになって、同性やパートナーに見られるのが恥ずかしいと考えている人」は、スカイメソッドによる手術がおすすめです。まずは一度ご相談ください。

スカイメソッドについて詳しく見る

まとめ

仮性包茎は、恥垢が溜まりやすい包茎のひとつです。常に清潔に保つことができれば、大きな問題はありませんが、常に恥垢が溜まらないように注意して生活を送らなければなりません。

恥垢を溜まらないように、常に意識することは非常に難しく、初めの頃は、清潔に保てていたとしても、長続きしないため、少しずつ恥垢が溜まりやすい環境になっていきます。仮性包茎の方で恥垢に悩まれている方は、ぜひ、東京スカイクリニックにお越しください。

様々な包茎手術方法を行うことができるため、傷痕が残らない手術や、切らない包茎手術であるスカイメソッドをお選びいただけます。恥垢が溜まっていてお困りの方は、ぜひ、東京スカイクリニックにご相談いただければと思います。

無料カウンセリングはこちら
無料メール相談はこちら