亀頭を大きくするにはどうすればいい?代表的な亀頭増大方法をわかりやすく解説 | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人親盛会 東京スカイクリニックへお任せください。

 

スタッフコラム

     

亀頭を大きくするにはどうすればいい?代表的な亀頭増大方法をわかりやすく解説

トップページ > コラム > 亀頭を大きくするにはどうすればいい?代表的な亀頭増大方法をわかりやすく解説
 


「亀頭が他の人より小さいと感じる」「亀頭を大きくしたいけど、どうしたら良いのかわからない」とお悩みではありませんか?このようなお悩みを持ちの方は、トイレや温泉で他人のペニスを見ると、ご自身の亀頭が小さく感じてしまったという経験がある方ではないでしょうか。

他人の亀頭より小さいことは、ご自身のペニスへの劣等感を抱くことや、温泉やトイレでご自身のペニスを見られたときに、「亀頭が小さいと思われたくない」という気持ちや恥ずかしいという気持ちにつながってしまうと場合があると思われます。

そこで今回は、亀頭を大きくする代表的な亀頭増大方法について分かりやすく解説いたします。また、亀頭を大きくするメリットについてもご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

亀頭を大きくする代表的な方法である亀頭増大術について

亀頭を大きくしたいという場合に行われる代表的な方法が亀頭増大術です。亀頭部分の増大効果を発揮する薬剤を注射器で注入することで、亀頭のボリュームアップを目指すというものです。使用される薬剤については、安全性の高いヒアルロン酸がメインに使用される場合が多く見られます。

一方、長期または永続的に亀頭増大術の効果を持続させる事も可能です。東京スカイクリニックでは、亀頭を大きくするためにヒアルロン酸をベースとした薬剤を多数取り扱っております。一時的に亀頭を大きくすることができる薬剤や、ボリュームアップした亀頭を半永久的に持続できる薬剤などがあるため、患者様のご要望やご予算に応じて、亀頭増大術をお選びいただくことが可能です。

東京スカイクリニックの亀頭増大について確認する

亀頭を大きくするメリットとは?

温泉やサウナなどで恥ずかしい思いをしたくない、介護されることを見越して亀頭を大きくしたいという方は、非常に多いです。このようなことをきっかけに、亀頭を大きくしたいという方がいらっしゃいますが、亀頭を大きくすることによって得られるメリットをご存じでしょうか。

亀頭を大きくすることによって、具体的には以下のようなメリットを得られます。

  • ・男性としての自信が持てる
  • ・性交渉の際に、感度や刺激などが上がる
  • ・パートナーを満足させられる
  • ・軽度の仮性包茎であれば、カリ高にすることで改善できる
  • ・ペニスの見た目を良くすることができる
  • ・刺激に強くなり早漏の改善が期待できる
  • ・ハリが出て力強く見える

亀頭を大きくすることで、ペニスの見た目にコンプレックスをお持ちの方や、性行為の際にパートナーを満足させられるか不安を感じている方のお悩みを解決することができます。

東京スカイクリニックの亀頭増大術について

東京スカイクリニックで行っている亀頭増大術には、それぞれ効果の持続期間が異なる、「吸収タイプ」、「持続タイプ」、「長期持続タイプ」、「半永久定着タイプ」があります。亀頭のサイズアップ効果を半永久的に保ちたいとお考えの方には、半永久定着タイプがおすすめです。

東京スカイクリニックの亀頭増大術の大きな特徴は、薬剤を2ヶ所以上に分けて注入するということです。そのため、1ヶ所だけが不自然にボリュームアップすることなく、全体的にバランスのとれた亀頭になります。薬剤を注入すれば良いという考え方ではなく、段階的に注入することで、患者様の理想に合わせた亀頭をデザインします。

また、ヒアルロン酸を注入して行う亀頭増大術では、薬剤を注入する量によって亀頭のサイズが変化します。基本的には、薬剤を多く注入すると、亀頭を大きくすることが可能です。しかし、適正量は元々のサイズなどによって異なるので、カウンセリング時に、どの位の量を入れるのが適切であるかをご説明いたします。

東京スカイクリニックの亀頭増大術では、通常時の亀頭に薬剤を注入します。注入する量や部位などによっても異なりますが、たくましく、美しい亀頭に仕上がります。

痛みについて

手術を行う際に、多くの患者様が不安に感じるのが、痛みについてです。亀頭増大術では、局所麻酔をして極細の針を使って薬剤の注入を行います。局所麻酔をする際には、少しだけ痛みを伴うこともありますが、薬剤を亀頭部分に注入する際には、ほとんど痛みを感じることはありません。

また、どうしても痛みが心配であるという方には、局所麻酔ではなく、静脈麻酔を選択することも可能です。この静脈麻酔を使うと麻酔が効いている間は、眠っている状態と同じになるので、痛みを感じることなく、眠っている間に手術が終了します。もしも、痛みについて不安があるという方は、カウンセリング時にご相談ください。

亀頭増大術が受けられないケースとは

基本的には、亀頭増大術は希望すれば行うことが出来ますが、包皮に締め付けが強い部分がある包茎の方や、真性包茎の方は、亀頭増大術だけの単独治療を行うことは出来ません。包茎手術と一緒であれば治療することが可能ですので、包茎手術と亀頭増大の二つの治療をご検討下さい。

東京スカイクリニックの包茎手術について確認する

まとめ

亀頭を大きくするためには、亀頭部分に薬剤を注入して大きくするのが一般的です。薬剤を注入する量などによってサイズが異なり、どのような薬剤を注入するかによっても亀頭が大きい状態を持続できる期間が異なります。亀頭を大きくしたい人は、まず東京スカイクリニックへご相談ください。

無料カウンセリングはこちら
無料メール相談はこちら