生活習慣病によって引き起こされる糖尿病性包茎とは?包皮を悪化させる原因などをご紹介 | 包茎手術・ED治療薬ならメンズライフクリニック(旧東京スカイクリニック)【公式】

 

スタッフコラム

     

生活習慣病によって引き起こされる糖尿病性包茎とは?包皮を悪化させる原因などをご紹介

トップページ > コラム > 生活習慣病によって引き起こされる糖尿病性包茎とは?包皮を悪化させる原因などをご紹介
 

生活習慣病が原因となって引き起こされる「糖尿病性包茎」をご存じでしょうか。糖尿病性包茎とは、糖尿病との合併症により起こる包茎のことです。糖尿病は体の表面全体に肌の乾燥やかゆみを引き起こし、男性の場合は亀頭や包皮にも影響します。

糖尿病性包茎の具体的な症状として、包皮の炎症、包皮や包皮口の表面に亀裂が入るなどがあります。日常生活はもちろん、性交渉の際にも痛みを感じるため、性行為自体が難しくなってきます。

糖尿病性包茎を放置していると、亀頭や包皮の状態が悪化してしまうため、できる限り早めに包茎専門クリニックへの受診をおすすめします。

本投稿では、生活習慣病によって引き起こされる「糖尿病性包茎」とはどのようなものか?「糖尿病性包茎の原因」または「糖尿病性包茎の治療」を解説します。糖尿病性包茎にお悩みの方は、ぜひお読みください。

生活習慣病が原因で引き起こされる糖尿病性包茎とは

包茎と言えば、真性包茎、カントン包茎、仮性包茎がよく知られていますが、他にも糖尿病性包茎と呼ばれるものがあります。この糖尿病性包茎は、一般的な包茎とは異なり、糖尿病の合併症として起こる包茎です。

糖尿病の症状として、かゆみや皮膚の乾燥、皮膚が脆くなってしまうことが知られています。これらの症状は、体の中に血液が上手く循環しないことが原因で起こると言われており、男性であれば包皮にも影響してきます。その結果、糖尿病性包茎になり、この状態が続くことで、さらに包皮を悪化させてしまいます。

また、体の中で上手く血液が循環されないと、必要な栄養が体全体に届けられなくなってしまい、包皮が脆くなるのはもちろん、亀頭包皮炎を起こすことや、乾燥が進み、包皮に亀裂が生じて痛みを感じるようになります。

包皮に亀裂が生じると、排尿時やパートナーとの性交渉時にも痛みを伴うので肉体的にも精神的にも大きなストレスを感じてしまうでしょう。出血してしまうことも多く、日常生活においても支障をきたすため、出来るだけ早く治療を行う必要があります。

なぜ糖尿病が包皮を悪化させてしまうのか

糖尿病になってしまうと抵抗力が低下してしまうため、包皮、亀頭部分などに炎症が生じやすくなります。これによって癒着が強力になり包茎が悪化してしまうこともあります。また、糖尿病は体の血の循環が悪くなります。本来は肌に届くはずの栄養素や酸素などが供給されなくなってしまいます。これが原因となり、包皮の弾力性が失われてしまい包皮の状態を悪化させているのです。

糖尿病性包茎の治療について

糖尿病性包茎が進行してしまうと、様々な面でストレスを感じることになります。そのため、できる限り早めの治療が必要です。では、糖尿病性包茎の治療には、どのような方法があるのでしょうか?

具体的な治療方法としては、炎症部分や、亀裂が生じてしまった部分の包皮を切除するという方法です。これによって、症状の改善が期待出来ます。また、問題のある部分を取り除くことで、排尿時の痛み、性交渉時の痛みなどを緩和させるという効果も期待出来ます。

「糖尿型包茎だけど治療するのが面倒だ」と考える方もいらっしゃることでしょう。しかし、糖尿型包茎を放置していても自然に良くなることはありませんので、早めの治療をおすすめいたします。

糖尿病性包茎の治療における注意点

糖尿病性包茎の治療で注意しておきたいことが、医療機関であればどこでも治療を受けることが出来るわけではないということです。一般の包茎手術よりも難易度が高く、手術を断られてしまうということがあります。

よって、糖尿病性包茎を改善させるために包茎手術を希望する場合は、包茎専門クリニックに相談すると良いでしょう。

また、糖尿病性包茎の場合、手術で問題のある部分を切除することは出来ますが、炎症が再発しやすいため包茎手術だけでなく、糖尿病の治療も並行して行う必要があります。糖尿病の治療は、専門の医師に従って行うことが重要です。

糖尿病性包茎を放置するのは危険!

糖尿病性包茎は一般的な包茎手術と比較すると難易度や手術リスクが高くなるため手術を受けられる医療機関が限られてしまいます。そのため、患者様の中には「一度相談に行ったが、引き受けてもらえなかった。症状が悪化した」という人もいるようです。

放置してしまうと、より状況が悪化してしまいますし、出血や痛みをずっと抱えて日常生活を送るのは、とても辛いものがあります。

出血や痛みがあるという場合は、状況は深刻です。出来るだけ早く、包茎専門のクリニックへご相談ください。東京スカイクリニックでは、経験豊富な医師が多く在籍しており、安心してご相談して頂ける環境が整っております。

無料メール相談はこちら
無料カウンセリング予約はこちら

まとめ

生活習慣病によって引き起こされる糖尿病性包茎というものがあることをご理解していただけかと思います。糖尿病の合併症として起こるもので、治療には包茎手術を専門に行っているクリニックへ受診してもらいましょう。

糖尿病性包茎に悩んでいる方は、ぜひ東京スカイクリニックにご相談ください。

無料メール相談はこちら
無料カウンセリング予約はこちら