ペニスのブツブツ除去(コンジローマ等) | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人親盛会 東京スカイクリニックへお任せください。

ペニスのブツブツ除去(コンジローマ等)

ペニスのブツブツ除去

コンジローマとは

コンジローマとは陰部や肛門に生じる、イボ状の病変です。性器へのヒト乳頭腫ウィルス(HPV)感染症で、大部分が性交あるいはその類似行為によって感染するウィルス性性感染症です。とくに不衛生さが原因と言われ、包茎の人の発病率が高いと言われます。
男性の場合はペニスや亀頭部分の付け根・包皮の内側部分に、はじめはブツブツとしたできものができ、次第に大きくなりながら、鶏のトサカのような腫瘍になって増えていきます。
症状が進行すると、尿道炎を引き起こしたり、陰茎部分の皮膚に巨大なイボのかたまりができて亀頭炎になったりします。

尖圭コンジロームは再発を繰り返しやすい上に、基本的に自然治癒は困難です。
除去しないとどんどん大きくなり、数も増えていくため、感染を防ぐためにも早期の治療が必要となります。

ペニスのブツブツ除去の治療料金・時間・方法

※下記料金の他に、別途消費税がかかります。
※再発した際の治療費はその都度発生いたします。
レーザー治療
料金
50,000円(1個除去)
時間
5~10
方法
局所麻酔を行い、イボを電気メスにて焼き切る治療法を用います。
小~中程度の大きさであれば、多発性であってもこの治療法が適用できます。

※当クリニックでは追加のオプション料金を一切頂いておりません。

コンジローマの注意事項

コンジローマはウイルス性疾患のため再発のしやすい病気となるため、再発した際の治療費はその都度発生いたします。
完治していない場合や、治療前に性行為を行っている場合は性的パートナーへ感染する危険性があるので、パートナーの検査も必要となります。
最後にコンジローマを治療してから、新たなコンジローマウィルスが存在して皮膚から発生して来ないことを確認するため、数ヶ月単位での経過観察も必要となります。
  • 記載されている料金だけなので安心

    治療料金について

  • 症例毎の治療結果をご確認頂けます

    症例写真

  • プライバシーを重視した完全予約制

    治療までの流れ