男性のお悩み【包茎】 | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人、東京スカイクリニックへお任せください。

東京スカイクリニック イメージ画像

医療法人社団親盛会 形成外科・泌尿器科 東京スカイクリニック TOKYO SKY CLINIC

男性のお悩み症状
当院にご来院された500人に聞きました!実際のアンケートはこちら
あなたに適した治療は?WEB診断を見てみる
スカイメソッド
治療写真
クリーンルーム 麻酔に対してのこだわり
医師からのワンポイントアドバイス
勤務医募集中 東京スカイクリニックで働いてみませんか?

所属学会

  • 日本形成外科学会
  • 日本泌尿科学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本心臓外科学会
  • 日本脳神経外科学会

男性のお悩み【包茎】

包茎とは?

包茎とは、ペニス(ペニスの先端部分)にあたる亀頭が包皮で覆われている状態を指します。

通常は、ペニスの成長とともに包皮の口が広がります。
特に成長期において、お風呂で包皮をきちんと剥いて洗うことなどを心がけていれば、包皮は自然に押し下げられて亀頭が露出した状態になります。
最終的には、包皮はペニスの根もとから亀頭の根もと(カリ)までを覆うのみとなります。
その後、亀頭は空気に触れた状態でさらに成長を続け、成人を迎える頃にはペニスがマツタケ状になって完成形となるわけです。
しかし一方で、さまざまな原因で亀頭が包皮に覆われたままの状態で成人を迎えてしまう場合があります。

股間を押さえる男性

包茎は、主に以下の3パターンに分かれます。

仮性包茎

通常時は亀頭が包皮に覆われているものの、勃起したときには問題なく包皮の口が広がってめくれ、亀頭が露出するという状態を指します。
また仮性包茎の場合、通常時も手で剥けば問題なく亀頭が露出します。
排尿や射精といったペニスの役割を妨げるものではなく、医学的には特に問題があるわけではありません。
日本では、成人男性の約7割が仮性包茎であるといわれています。

カントン包茎

「カントン」は、漢字では「嵌頓」と書きます。
本来は、臓器が元にあった場所からはみ出て戻らなくなってしまう状態を指す医学用語です。腹腔から腸がはみ出て下腹がぽっこりと膨らみ、手で押しても戻らなくなる「嵌頓ヘルニア」が例として挙げられます。

カントン包茎の場合、「はみ出て元に戻らなくなってしまう」のは亀頭です。
包皮の口が極端に狭いために、指で包皮を押し下げて亀頭を露出させることはできるもののカリに引っかかり、亀頭が露出した状態から元に戻らなくなってしまいます。
包皮口によって締めつけられたカリから亀頭にかけて激しい痛みが生じ、腫れることがあります。
また放置していると血流が止まり、最終的には壊死を起こしてしまう可能性もあります。

真性包茎

仮性包茎やカントン包茎と異なり、通常時も勃起時も包皮が亀頭を覆っており、指で押し下げても剥くことができない状態を指します。包皮の口が狭いうえに、亀頭と包皮の裏側がほぼ完全に癒着してしまっている状態です。無理に剥こうとすると出血し、痛みを伴います。
亀頭が露出することがないために正常な成長が妨げられ、いわゆる「短小」という状態になってしまうこと、力まなければ排尿できなくなってしまうことがあるのも、真性包茎の特徴です。

包茎の原因

包茎の原因は、主に「体質的な原因」「後天的な原因」の2種類に分かれます。

体質的な原因

そもそも包皮の口が狭く、剥けにくい状態であるためにカントン包茎や真性包茎になってしまうパターンです。
また、生まれつきペニスが小さく包皮を剥くことが難しい場合も包茎になりやすいとされています。

後天的な原因

主に、成長期に剥かなかったことが原因で包茎になってしまうパターンを指します。特に、男子の体が飛躍的に成長して第二次性徴が現れる時期に剥かなかった場合、包茎になりやすいとされています。
本来は、毎日の入浴できちんと剥いて亀頭や包皮の裏を洗うことが必要です。
また、赤ちゃんの頃に頻繁に包皮の口がただれて固まってしまったりする場合、カントン包茎や真性包茎になりやすいといわれています。

包茎のデメリット

包茎は、ただちに生命にかかわるような病気ではありません。
しかし、以下のようなさまざまなデメリットをもたらします。

お手上げ

外見的なデメリット

亀頭の成長が包皮によって妨げられている包茎のペニスは、サイズが小ぶりになってしまいがち。また、「亀頭が包皮に隠れている」という状態が「幼稚性」を表していると見なされてしまうこともあります。
「ペニスが大きいこと」が男性の性的な魅力のひとつとされている現代社会において、これは大きなデメリットであると考えられます。
つまり、包茎のペニスは「性的魅力に乏しく幼稚である」という印象を見る人に与えてしまうわけです。

ただし、性的魅力に関する価値観は国ごとに異なり、時代とともに変化するものでもあります。
「包茎=魅力に乏しい」とは、あくまでも現代の日本における価値観に過ぎません。
たとえば、哲学が盛んだった古代ギリシャでは「包茎・短小のペニスこそが理知的な人間にふさわしい」とされ、もてはやされた歴史があります。当時の彫像や絵画に描かれた神々や英雄のペニスが軒並み包茎であるのは、そのような価値観が根底にあったためと考えられています。

機能面のデメリット

ペニスの機能は、大きく分けて2つあります。排尿と性行為(射精)です。
いずれも、「体内の老廃物や余分な水分を排出する」「子孫を残す」という意味においてそれぞれ重要な役割を果たしています。

しかし、特に真性包茎やカントン包茎の場合、これらの機能が十分に果たせません。
たとえば、包皮によって亀頭が常に圧迫された状態にある真性包茎に悩む男性の中には、尿管が極端に細く、力まなければ排尿することができない方もいます。
また同じく、尿管が狭いために射精がしづらいというケースもあるようです。
勃起したときや女性の膣内に挿入したときに痛みが生じ、性行為を行うことができない場合もあります。

衛生面のデメリット

ペニスには尿や精液、尿道球腺液(カウパー氏腺液)のカスが発生します。「恥垢」と呼ばれる濡れた粘土のような白っぽい物質であり、包皮の裏側に付着し、亀頭やカリの周辺にたまります。

日々の排泄や性行為などによって生じるもので、恥垢自体は何ら異常なものではありません。しかし、たまったものを放置していると雑菌が繁殖し、鼻にツンとくる独特のチーズのような臭いが発生します。
免疫力が弱まり、亀頭包皮炎や性感染症にかかりやすくなってしまうのも問題です。

包茎でない場合や仮性包茎の場合は、入浴のときに包皮を剥いて洗うことで衛生的な問題は解決することができます。しかし、包皮を剥きにくいカントン包茎や真性包茎の場合には洗うことができず、恥垢はたまっていくばかりです。

包茎の解消方法

包茎は、成長期に自分で剥く習慣を身につけることで自然に回避できますが、すでに成人してしまっている場合にはさまざまな方法で矯正する必要があります。
主に、「矯正グッズを使う」「手術を行う」という2種類の方法があります。

カルテを持つお医者さん

矯正グッズ

ここに紹介するのは、主に自力で包皮を剥くことができる「仮性包茎」を解消するための矯正グッズです。
いちいち手で剥かなくても、常に亀頭が露出した状態にすることができます。

【矯正リング】
文字通りリング状のアイテムで、ペニスに嵌めることで包茎を解消することができます。
包皮を剥いて亀頭を露出させ、カリのところで皮を固定してリングを嵌めるというのが基本的な使い方です。
包皮が元に戻ろうとするのをせき止める効果があります。
うまくいけば包皮にしわができて、最終的にはリングがなくても亀頭が露出した状態を保つことができるようになります。
ただし、それまでには長い年月が必要であり、「すぐに包茎を解消したい」という場合には不向きな方法であるといえます。

【矯正ジェル・シール】
ジェル(糊)やシールを使い、亀頭を露出させた状態で余った皮を固定します。矯正リングと同じく、長い時間をかけて“露出グセ”を付けるという方法で包茎を解消します。
そしてこれもまた矯正リングと同じように、即効性はありません。

包茎手術

包茎は、手術によって解消することが可能です。
基本的には、余っている包皮を切除することで亀頭をナチュラルに露出させるという方式をとります。

【健康保険適用】
包茎の中でも、特に機能面、衛生面で深刻なデメリットがあるカントン包茎や真性包茎の手術には、健康保険を適用できる場合があります。
余分な包皮を切除し、亀頭を露出させたうえで切除部分を縫い合わせる「環状切開」という方法が一般的です。恥垢がたまりにくく、排尿や射精がしやすい健康的なペニスに仕上げることができます。

ただし、機能面や衛生面で深刻な問題がないと判断できる仮性包茎に関しては、基本的には保険適用手術を受けることができません。
また、健康保険適用の包茎手術は「亀頭を露出させること」が唯一の目的であり、見た目を整えることは二の次になりがちです。
手術跡がわかる仕上がりになってしまう場合があるという点には、留意すべきといえます。

保険適用

【健康保険適用外】
「機能面や衛生面のデメリットだけでなく、外見的なデメリットも解消したい!」という場合には、健康保険適用外の自費診療による治療を行っているクリニックにおいて包茎手術を行う必要があります。
カントン包茎や真性包茎だけでなく、仮性包茎も治療することが可能です。
機能的に問題がなく、衛生面の問題も解消できる正常なペニスを形成することができるうえに、手術跡を残さないので見た目のデメリットも解消することができます。

東京スカイクリニックでも、「マイクロサージェリー(微小外科)」の技術を使って傷跡が目立たないように緻密に仕上げる自費診療手術を行っています。
見た目には手術をしたことがわからないような状態にすることが可能です。

包茎手術で人生が変わる!

さまざまな“ペニスの悩み”の中でも、特に深刻な包茎の悩み。
しかし現在では、適切な手術を行うことでその悩みも解消することができます。

包茎手術は、単なる「形成外科の手術」ではありません。
男性としての誇りを取り戻し、前向きに生きるための「人生を変える手術」です。
今、外見や衛生面での悩みを抱えている方、機能面での深刻な問題に直面している方……ぜひ人生を変えるための第一歩を踏み出してみてください!

喜ぶ男性

当院の「包茎手術」の詳細はこちら

【男性のお悩み 各症状について】

ご相談・ご予約完全予約制

診療時間 9:00〜20:00/土日祝も診察

0120-391-784 0120-391-784

人には言いにくいお悩みですが、
安心してご相談ください。

ご相談から術後のケアまで、
全て秘密を厳守した
男性スタッフが対応致します。

公的保険の適用について

東京スカイクリニックは自由診療のクリニックです。より高度な医療技術に基づいた治療を提供しておりますが、公的保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。

現金によるお支払いのほか、提携カード会社の各種クレジットカードによるお支払いも取り扱っております。その他、医療分割・月々3,000円からお支払い可能です。

VISA MASTERCARD JCB AMERICAN EXPRESS T-Pointがたまります