男性のお悩み【早漏】 | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人、東京スカイクリニックへお任せください。

東京スカイクリニック イメージ画像

医療法人社団親盛会 形成外科・泌尿器科 東京スカイクリニック TOKYO SKY CLINIC

男性のお悩み症状
当院にご来院された500人に聞きました!実際のアンケートはこちら
あなたに適した治療は?WEB診断を見てみる
スカイメソッド
治療写真
クリーンルーム 麻酔に対してのこだわり
医師からのワンポイントアドバイス
勤務医募集中 東京スカイクリニックで働いてみませんか?

所属学会

  • 日本形成外科学会
  • 日本泌尿科学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本心臓外科学会
  • 日本脳神経外科学会

男性のお悩み【早漏】

早漏とは?

「早く漏れる」と書いて「ソウロウ」と読む早漏。
英語では「Premature Ejaculation」、略して「PE」と呼ばれます。
直訳すると「時期尚早な射精」であり、射精障害のひとつに数えられます。
具体的には、パートナーと性行為に及び、挿入した際に充分な時間が経っていないにもかかわらず射精してしまうことを指します。

「国際性機能学会」による定義

国際性機能学会(ISSM)が2008年に発表したところによると、

  1. 挿入後1分以内に射精してしまう。もしくは挿入前に射精してしまう
  2. 性行為をするとほぼ毎回、①のようなことが起きてしまう
  3. 射精のコントロールができない
  4. 「時期尚早な射精」によって精神的な苦痛がある

これらのケースに当てはまるのが早漏であるとされています。
しかし、1分以上挿入し続けられるからといって、即「早漏ではない」とはいえません。
実際に、①~④に当てはまらない場合も含め、現代の日本では成人男性の2~3人に1人が「自分は早漏なのではないか」「パートナーを満足させられていないのではないか」と感じているようです。

「充分な時間」とは?

そもそも、早漏の問題は「性行為=パートナーとの愛を確かめ合い、互いに肉体的な快楽を与え合う行為」であるがゆえに起こります。
つまり、「愛を確かめ合い、肉体的な快楽を与え合うために充分な時間」を考える必要があります。

女性週刊誌のアンケート結果などを見てみると、日本においては「10~20分」というのが平均的な“充分な時間”であることがわかります。
簡単にいえば、挿入時間が10分を超えれば“充分な時間”といえます。
そして逆にいえば、10分未満しかもたず、射精をコントロールできない場合には早漏を解消するための取り組みを行うべきといえるでしょう。

時計

早漏の原因

早漏の原因は、大まかに分けると「精神的な原因」「身体的な原因」の2パターンです。

精神的な原因

多くの男性は、初めての性行為において何らかの「失敗」をしてしまいがち。早漏もそのひとつです。
期待感が高まりすぎて興奮が過度に膨らみ、性的欲求のコントロールができないことが直接的な原因といわれています。

この場合の早漏は、性行為に慣れていくことで解消することができます。
ただし、「初めての性行為で早漏になったことを相手に笑われた」「友達にバカにされた」など、その体験が心に深い傷として残ったとき、早漏が持続してしまいます。
つまり、トラウマによって早漏になってしまうことがあるわけです。

また、はっきりトラウマになっているわけではないものの、「自分は早漏だ」と思い込んでコンプレックスに感じ、やがて性行為を営むことに対してストレスを感じるようになり、早漏に至るパターンがあります。
具体的には、ストレスによって心身を活性化させる交感神経が優位に働き、無意識に性的興奮が高まって射精しやすくなってしまうことになります。

悩む男性

身体的な原因

ペニスが性的な刺激に対して弱いために、ちょっとした刺激ですぐに射精してしまうというパターンです。
主に仮性包茎の男性に多いといわれています。

仮性包茎とは、勃起したときにはペニスの包皮が剥けて亀頭が露出するものの、通常時は亀頭が包皮に覆われているという状態を指します。
亀頭が通常時も常に露出している状態であれば、「外気に触れる」「下着にこすれる」といった刺激をじかに受けることになりますが、仮性包茎の場合は包皮がさまざまな刺激から亀頭を守るクッションの役割を果たします。つまり、亀頭は性行為のときに勃起して初めて、直接的な刺激を受けることになるわけです。
当然ながら、普段は刺激から守られている分、亀頭は過敏な状態になっています。
結果的に、ちょっとした刺激に耐えることができずにすぐに絶頂を迎え、射精してしまうことになります。

早漏のデメリット

早漏による身体的なデメリットは、特にありません。
たとえば、生殖行為としての性行為は正常に行うことができます。

一方で、精神的・社会的なデメリットは少なからずあります。 特に、「深刻なコンプレックスを背負い込んでしまう」「性行為のパートナーとの関係が悪くなってしまう」という点は見過ごせません。

「性行為で女性を満足させることができない」ということから男性としての誇りや自信を喪失し、ED(勃起不全)を引き起こすケースもあります。
ベッドをともにするパートナーとの関係がギクシャクして別れを選択することになったり、新しいパートナーを作ることができずにコンプレックスに絶え間なく苦しみつつ人生を送っていかなければならなかったり……。
このように、充実した生活を送ることができなくなってしまうのは、大きなデメリットといえるでしょう。

不満な妻

早漏の解消方法

男性にとって見過ごしにできない“悩みのタネ”である早漏。
しかし、適切な方法さえ知っていれば解消することは不可能ではありません。
医薬品を使用する方法や「早漏トレーニング」など、さまざまな方法があります。
ここでは、それらの方法について解説します。

局所麻酔薬

「リドカイン」などの局所麻酔効果がある医薬品を使用することで、特に亀頭が敏感なために起こる早漏は解消できるとされています。
リドカインは、外科や歯科で幅広く使用されている局所麻酔薬です。
たとえば歯科治療の際には、「表面麻酔」のために使用されます。歯石を削り落とす治療を行う前などに、リドカインをしみこませたガーゼで歯茎をまんべんなく拭き、有効成分を浸透させます。
完全に感覚が途絶えるわけではないものの、歯石を削る際の刺激はかなり軽減されます。
同じように、亀頭にリドカインを塗布することで早漏を解消することができると考えられています。

ただし、これは“裏ワザ的”な使用方法であり、「100%安全な方法!」とはいえません。
亀頭が麻痺することで、結果的に勃起機能が低下する場合があります。
また、リドカインが女性器に付着すると女性側の快感も著しく低下してしまうので要注意です。
薬剤を使用する場合、事前に有効成分の浸透を待ってシャワーで洗い流す必要がありますが、十分に流せていなかった場合は女性に不満を抱かせてしまう結果になりかねません。

早漏治療薬『Priligy』

トラウマやストレスによる早漏を解消できるとされているのが、世界で唯一「早漏治療薬」として認められている『Priligy(プリリジー)』です。2009年に開発されたこの医薬品には、有効成分のダポキセチンが脳に作用してストレスをやわらげる働きがあります。
具体的には、セロトニンという神経伝達物質の分泌量を増やす働きがあります。セロトニンは脳の興奮を高めるノルアドレナリンを抑制し、興奮を静めることができる成分です。

そんな『Priligy』の開発元は、ジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門であるヤンセン・シラグ社。発売以来、ヨーロッパを中心に多くの国で早漏治療薬として認可されています。
ただし、日本では2019年現在、早漏治療薬として『Priligy』は承認を得ておらず、病院でも基本的には処方してもらうことができません。

ネット上の通販サイトを利用する「個人輸入」という方法で海外製の『Priligy』を購入するしかありませんが、個人輸入は偽物の薬が送られてきたり、すでに使用期限が切れた薬が送られてきたりすることがあるのであまりおすすめしません。

水と薬

早漏トレーニング(チントレ)

通称「チントレ」と呼ばれるトレーニングを行うことで、早漏を解消することが可能であるとされています。
さまざまな方法がありますが、代表的なのは「スクイーズ法」と呼ばれるトレーニング方法です。
基本的には、射精のコントロールを自由自在に行えるようになることを目指します。

方法としては単純です。
自慰行為を行う際に射精しそうになったら手を止め、亀頭を抑えて波が引くのを待ち、再び始める……ということをくり返します。

また、この発展形として、「セマンズ法」という方法もあります。
こちらは、実際に性行為をしながらパートナーの協力を得て行うものです。

  1. 女性の手でペニスを刺激してもらう。
  2. 女性の口でペニスを刺激してもらう。
  3. 女性が上になる「騎乗位」で挿入し、動いてもらう。
  4. 男性が上になる「正常位」で挿入し、自ら動く。

以上4段階で行います。 それぞれの段階で射精しそうになったらいったん止めてもらい、波が引いたら再び始めてもらいます。
これをくり返して射精コントロール能力を鍛えていきます。

しかし、「スクイーズ法」にしろ「セマンズ法」にしろ、数日行っただけで早漏を劇的に解消できるわけではありません。人によっては、数ヶ月間続けても目立った効果が得られないという場合もあります。

薬剤注入による早漏治療

亀頭を強化し、刺激に強い状態にすることで早漏を解消するという方法があります。
具体的には、亀頭の表面を分厚くして神経に伝わる刺激をマイルドにするという治療方法です。

当院でも、基本的にはこの方法を採用しています。
薬剤を亀頭の根もと(カリ)の部分に注入するだけの簡単な施術で、時間にして10分以内で終わります。

なお、亀頭は神経が密集する繊細な器官ですが、当院では「マイクロサージェリー(微小外科)」の技術を用いて緻密な施術を行うことが可能です。
神経を傷つけることもなく、すみやかに効果的な治療を行うことができます。

早漏手術で人生が変わる

早漏治療は、単に性生活を充実させるために行うものではありません(もちろん大事なことですが)。
むしろ、早漏によって失われてしまった男性の自尊心を取り戻し、人生に明るい光をもたらすものであるといえます。現在お悩みの方も、充実した人生のためにぜひ検討してみてください!

ガッツポーズ

当院の「早漏治療」の詳細はこちら

【男性のお悩み 各症状について】

ご相談・ご予約完全予約制

診療時間 9:00〜20:00/土日祝も診察

0120-391-784 0120-391-784

人には言いにくいお悩みですが、
安心してご相談ください。

ご相談から術後のケアまで、
全て秘密を厳守した
男性スタッフが対応致します。

公的保険の適用について

東京スカイクリニックは自由診療のクリニックです。より高度な医療技術に基づいた治療を提供しておりますが、公的保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。

現金によるお支払いのほか、提携カード会社の各種クレジットカードによるお支払いも取り扱っております。その他、医療分割・月々3,000円からお支払い可能です。

VISA MASTERCARD JCB AMERICAN EXPRESS T-Pointがたまります