早漏改善(亀頭強化) | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人親盛会 東京スカイクリニックへお任せください。

早漏改善(亀頭強化)

  HOME > 早漏改善(亀頭強化)

早漏改善(亀頭強化)

早漏とは

早漏とは、「射精障害」のひとつです。
性交渉の際に射精のタイミングをコントロールできず、ペニスを女性器に挿入後、すぐに射精してしまう状態を指します。国際性機能学会(ISSM)の主導でアメリカ泌尿器学会(AUA)が2008年に発表したところによれば、「挿入後すぐ=1分以内」とされます。
ただし、必ずしも「挿入後1分以内の射精」のみが問題となるわけではありません。
「毎回2~3分しかもたず、ストレスを感じている」
「5分くらいは我慢できるが、パートナーが満足してくれない」
「すぐ射精してしまうのが恥ずかしくて、性交渉への意欲が失われてしまう」
という場合も、治療の対象であるといえます。
当院では主に、亀頭を強化して「性的刺激に強いペニス」に仕上げる治療を行い、早漏を改善させます。

早漏改善(亀頭強化)の料金・時間・方法

※下記料金の他に、別途消費税がかかります。
吸収タイプ
料金
60,000円(1cc)
時間
10~15
方法
ヒアルロン酸をメインとする薬剤を亀頭に注入し、粘膜を分厚くするという方法です。性的刺激をやわらげ、射精のコントロールがしやすい状態にすることができます。
ヒアルロン酸は半年ほどで体内に吸収されるため、亀頭の状態は一定期間が経過すると元に戻ります。
持続タイプ
料金
80,000円(1cc)
時間
10~15
方法
薬剤の注射による亀頭強化術を行い、早漏を改善させます。
使用する薬剤は『吸収タイプ』より長持ちしますが、主成分のヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、一定期間が経過すると亀頭の状態は元に戻ります。
長期間持続タイプ
料金
120,000円(1cc)
時間
10~15
方法
『吸収タイプ』『持続タイプ』と同じく、薬剤の注射による亀頭強化によって早漏を改善させます。
使用する薬剤は『持続タイプ』より長持ちしますが、主成分のヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、一定期間が経過すると亀頭の状態は元に戻ります。
半永久定着タイプ
料金
180,000円(1cc)
時間
10~15
方法
薬剤の注射による亀頭強化によって早漏を改善させます。
こちらの施術で使用される薬剤は、体内に吸収されず亀頭に定着する半永久定着タイプのものを使用しています。
亀頭を強化した状態が、長期的に持続するのが特徴です。

※当クリニックでは追加のオプション料金を一切頂いておりません。

手術当日の流れ

診察・相談

事前にご予約のうえでお越しください。
当院は完全貸切・予約制のプライベートクリニックです。
院内の患者様はおひとりのみとなり、ほかの患者様と顔を合わせるようなことはありません。

診察に先立ち、カルテを作成するために必要な受付票などの書類にご記入いただきます。
カルテ作成後、カウンセリングを行います。
早漏に関するお悩みについて、また治療や費用について不安な点や不明な点がある場合は、ぜひお聞かせいただければと思います。
また、早漏治療・亀頭強化に関してご希望がある場合には、ぜひお聞かせください。
亀頭に注入する薬剤は、その量によって得られる効果が異なります。
たとえば、「できるだけ分厚い亀頭に仕上げたい」という場合、薬剤の量を多めにすることでご希望に沿った仕上がりにすることができます。
当院では、患者様と医師が手術の結果についてイメージを共有することが大切であると考えております。
その考えのもと、患者様のご希望をしっかりお伺いして治療に反映させております。
早漏治療・亀頭強化の場合も、患者様のご希望をお聞きしたうえで最適な治療方法や薬剤の量、費用についてご提案いたします。

手術

手術の方法、費用などの提案にご納得いただければ、当日に手術を受けていただくことができます。
早漏治療・亀頭強化の手術は、注射器を使って薬剤を亀頭に注入するというシンプルなものです。
所要時間は10~15分程度となっております。入院は不要で、当日にご帰宅いただけます。

なお、必ず診察日当日に手術を受けなければならないわけではありません。
いったんご帰宅いただき、意思が固まったところで再度ご予約いただくことも可能です。

手術後の説明

早漏治療・亀頭強化の手術は心身に過剰な負担をかけることがなく、アフターケアもそれほど難しくありません。とはいえ、注意点がまったくないわけではありません。手術後には、そのあたりのことを簡単に説明させていただきます。
術後の過ごし方について不安な点がある場合や、医師に聞いておきたいこと、確認しておきたい事がある場合には、遠慮なくお申し出ください。

当院における早漏治療・亀頭強化は、手術後の説明も含め、約1時間ですべて完了いたします。

手術後の注意点

当院による早漏改善・亀頭強化は「注射で薬剤を注入するのみ」という身体的負担のほとんどないシンプルな手術です。
注射痕にできるだけ触らないように心がけていただければ、日常生活やお仕事に支障が出ることはありません。
ただし、手術後は以下の点に注意する必要があります。

手術当日の注意点

注射痕に出血が見られる場合があります(血がにじむ程度)。この場合は、清潔なガーゼで軽く押さえるなどして止血してください。
また、お風呂に入るのは可能ですが、手術当日はシャワーですませ、湯船につかるのは翌日までお控えください。

手術後1~2週目の注意点

個人差はありますが、注射痕の出血はおおむね1週間前後で止まります。
まれに注入部の周辺に内出血が見られる場合がありますが、自然に回復していくので放置しておいても問題ありません。
また、出血が止まって注射痕が目立たなくなった段階で、パートナーとの性交渉を行うことが可能です。

手術後3~4週目の注意点

個人差はあるものの出血はほぼ完全に止まります。
この時点までくると、特に行動の制約などはありません。

手術後のケア

注射痕に出血が見られる場合には、清潔なガーゼで止血するなどのケアが必要ですが、そのほかの特別なケアは不要です。

早漏改善(亀頭強化)でよくある質問

早漏改善(亀頭強化)について、よくある質問をピックアップしました。

  • Q自分は早漏だと思うのですが、原因がわかりません。治療はどのようなものがあるのでしょうか?
    A

    仮性包茎の場合、普段は亀頭が包皮で覆われているので、亀頭周辺が過保護な状態になっています。
    これにより、強い性的刺激を受けると過敏に反応し、早漏になってしまいます。
    要は亀頭が敏感すぎるため、少しの刺激で射精してしまう状態です。

    このような場合、亀頭にヒアルロン酸などを注入することで早漏を改善することができます。
    亀頭にヒアルロン酸の膜が作られて分厚くなり、刺激に耐えられるようになります。
    また、一緒に包茎手術を行うのも効果的です。
    普段から亀頭が露出した状態にすることで、より刺激に強いペニスに仕上げることができます。

  • Q治療でどんな影響が出るのか気になります。
    注射した痕が残ったり、亀頭の形が変わったりすることはありませんか?
    A

    当院では、数多くの症例を扱ってきた経験を持つ医師がカウンセリングを行い、早漏治療・亀頭強化の手術を担当いたします。医師は事前のカウンセリングにて患者様と仕上がりのイメージをしっかり共有し、手術ではそのイメージに沿った亀頭をデザインいたします。
    また、亀頭強化には特殊な極細針を使用するため、痕はほとんど残りません。

  • Q施術時間はどのくらいかかりますか?また注入後どのくらい効果は持続しますか?
    A

    薬剤を注入する施術自体は、10~15分程度となっております。
    長くかかる場合でも、20~30分ほどあれば完了します。
    スタンダードな「吸収タイプ」の薬剤を使用した場合、主成分のヒアルロン酸が体内に吸収されるまでの半年から1年(長くても1年半)ほどが効果の持続期間となります。
    ただし当院では、より長く効果が持続するタイプの薬剤や、半永久的に効果が持続するタイプの薬剤もご用意しております。
    手術前に行うカウンセリングにてご希望をお伺いしたうえで、最適と思われる薬剤をご提案いたします。

Q&Aについてさらに詳しく見る

  • 記載されている料金だけなので安心

    治療料金について

  • 症例毎の治療結果をご確認頂けます

    症例写真

  • プライバシーを重視した完全予約制

    治療までの流れ