亀頭増大・陰茎増大 | 包茎治療・包茎手術・亀頭増大・陰茎増大・長茎手術なら全国13院の医療法人親盛会 東京スカイクリニックへお任せください。

亀頭増大・陰茎増大

  HOME > 亀頭増大・陰茎増大

亀頭増大・陰茎増大

亀頭増大・陰茎増大とは

当院では、亀頭や陰茎の増大効果を発揮する薬剤を注入し、見た目を太く、たくましく改善し、ボリュームアップを実現する手術を行っております。以下のようなお悩みを持つ方に効果的です。

見た目のお悩み

「温泉やサウナに入るとき、他人と比較して恥ずかしくなる」
「入院したり介護を受けたりするとき、見られるのが恥ずかしい」
「若い頃に比べて亀頭にハリや硬さがなくなった。陰茎が細くなった感じもする」
このように、見た目にコンプレックスをお持ちの場合は、非常に効果的な治療となります。

性のお悩み

「陰茎が細く亀頭が小さいので、恋人をベッドで満足させられているのか不安」
見た目だけでなく、パートナーとの性行為にも影響が出てくるため、不安を感じる方も多くいらっしゃいます。

包茎手術の料金・時間・方法

※下記料金の他に、別途消費税がかかります。
吸収タイプ(亀頭)
料金
60,000円(1cc)
時間
10~15
方法
ヒアルロン酸を中心とする薬剤を注射器にて亀頭に注入し、ボリュームをアップさせます。
ただし、ヒアルロン酸は約半年ほどで体内に吸収され、亀頭のサイズは元に戻ります。
持続タイプ(亀頭)
料金
80,000円(1cc)
時間
10~15
方法
薬剤の注射による亀頭増大の手術です。
「吸収タイプ」よりも長く持続させることができますが、こちらも薬剤の成分が体内に吸収されるため、亀頭サイズは元に戻ります。
長期持続タイプ(亀頭)
料金
120,000円(1cc)
時間
10~15
方法
薬剤を注射してボリュームアップを実現します。
「吸収タイプ」「持続タイプ」よりもさらに長持ちさせることが可能ですが、こちらも薬剤の成分が体内に吸収されるため、亀頭サイズは元に戻ります。
半永久定着タイプ(亀頭)
料金
180,000円(1CC)
時間
10~15
方法
きわめて品質の高い半永久定着タイプの薬剤を注入します。
薬剤の一部が体内に定着し、効果を維持します。ボリュームアップした亀頭のサイズを半永久的に保つことが可能です。
持続タイプ(陰茎)
料金
60,000円(2CC)
時間
10~15
方法
薬剤の注射による亀頭増大の手術です。
「吸収タイプ」よりも長く持続させることができますが、こちらも薬剤の成分が体内に吸収されるため、陰茎のサイズは元に戻ります。
長期持続タイプ(陰茎)
料金
60,000円(1CC)
時間
10~15
方法
薬剤を注射してボリュームアップを実現します。
「吸収タイプ」「持続タイプ」よりもさらに長持ちさせることが可能ですが、こちらも薬剤の成分が体内に吸収されるため、陰茎のサイズは徐々に元に戻ります。
半永久定着タイプ(陰茎)
料金
180,000円(1CC)
時間
10~15
方法
きわめて品質の高い半永久定着タイプの薬剤を注入します。
薬剤の一部が体内に定着し、効果を維持します。ボリュームアップした陰茎のサイズを半永久的に保つことが可能です。

※当クリニックでは追加のオプション料金を一切頂いておりません。

東京スカイクリニックの亀頭増大・陰茎増大デザイン力

当院では、多くの症例を経験した熟練の医師が亀頭増大・陰茎増大を担当いたします。
薬剤を2ヶ所以上に分けて注入することで、一部分のみが不自然にボリュームアップすることを避け、バランスのとれた美しい亀頭・陰茎に仕上げます。

デザイン力

また、当院では「患者様のイメージを医師が共有し、理想にかなうデザインに仕上げること」こそ大切であると考えております。
事前の診察・相談の過程において患者様の希望を伺い、理想とする亀頭・陰茎の状態を把握したうえで手術について説明させていただきます。
ご相談いただく際には、亀頭・陰茎のサイズについて、またペニス全体の仕上がりについて、ぜひ遠慮なくご希望をお聞かせください。

手術当日の流れ

診察・相談

事前にご予約のうえ、お越しください。
当院は完全貸切・予約制のプライベートクリニックであり、院内の患者様はおひとりのみとなります。ほかの患者様と顔を合わせるようなことはありません。
診察は、以下の手順で行います。
  • 1.カルテ作成

    まずは受付票など必要な書類にご記入をいただき、医師がカルテを作成いたします。
    このカルテをもとに患者様のご希望を把握し、カウンセリングを行います。
  • 2.カウンセリング

    ご満足いただける亀頭増大・陰茎増大を実現するために、詳しくお話を伺います。
    亀頭増大・陰茎増大に関するご希望やお悩み、不安な点、費用のことなど遠慮なくご相談ください。
  • 3.手術の方法・料金のご説明

    ご希望をもとに、最適と思われる手術の方法および費用についてご提案いたします。ご納得いただければ、手術の準備を開始いたします。
    なお、当日そのまま手術を受けなければならないわけではありません。
    一度ご帰宅いただき、意思が固まった段階で再度ご予約の上で、ご来院いただくことも可能です。

手術について

亀頭増大・陰茎増大術は、基本的には10~15分で完了します。
経験豊富な当院の医師が、スピーディかつ丁寧に施術を行い、事前に患者様と共有したイメージに合致したデザインの亀頭・陰茎に仕上げます。
なお、手術は局所麻酔にて行いますので痛みの心配もございません。

手術後の説明

亀頭増大・陰茎増大の手術は、心身に大きな負担をかけるものではありませんが、手術後のケアがまったく不要というわけではありません。
手術後には、そのあたりのご説明をいたしますので、不安な点、疑問点がある場合は遠慮なくお聞きください。
なお診察開始から手術、手術後の説明が終了するまでの目安として、トータルで1時間程度となっております。

手術後の注意点

当院の亀頭増大・陰茎増大術は「薬剤を注射するのみ」のシンプルな手術であり、その日のうちにご帰宅いただくことが可能です。
注入部(注射痕)を強く押さえたり、みだりに触ったりしない限り、日常生活において特に支障はありません。
ただし、以下のような点には注意していただく必要があります。

手術当日の注意点

注入部から、少量ではありますが出血が見られることがあります。出血した際には、清潔なガーゼを軽く当てて止血してください。
当日はシャワーを浴びることが可能ですが、湯船につかる入浴は翌日までお控えください。

手術後1~2週目の注意点

出血は、術後翌日から一週間程度でほとんど見られなくなります。
パートナーとの性交渉は出血が止まり、注射痕が消えた段階で可能となります。

手術後3~4週目の注意点

この時期になれば、注射痕はほぼ完全に消失し、たくましくボリュームアップしたペニスが完成しています。
行動に関して、特に制約はありません。

手術後のケア

・注入部を清潔に保つこと
・注入後1~2週間はみだりに触れないこと
・出血がある場合(手術当日から1週間程度)はガーゼで止血すること
以上の点を除いて、特別なケアは必要ありません。

亀頭増大・陰茎増大でよくある質問

亀頭増大・陰茎増大について、よくある質問をピックアップしました。

  • Q亀頭を大きくしたいのですが、どのくらい大きくできますか?
    A

    ヒアルロン酸注入による亀頭増大術は、注入量によってサイズが変わります。
    基本的には、注入量が多ければその分だけ大きくなります。
    ただし、注入すべき適正量は元のサイズや状態によって異なります。
    この点については、カウンセリングを行う際に症例写真などをお見せし、詳しく説明いたします。

  • Q亀頭増大手術をする場合、どのあたりに傷ができますか?また傷痕は目立ちますか?
    A

    当院では、デザイン性を高めて美しく仕上げるために、亀頭の先端に近い部分とカリの部分にそれぞれヒアルロン酸を注入します。これにより、バランスよくボリュームアップさせることが可能です。
    また、この際に使用するのは特別な極細針であり、痕はほとんど残りません。
    針を使用する施術ということもあってまれに内出血のリスクがありますが、万が一内出血したとしても、ほとんどの場合2週間程度で消失します。

  • Q亀頭増大をすると、平常時と勃起時ではどのような感じになりますか?
    A

    当院の亀頭増大術では、平常時の亀頭に薬剤を注入します。
    注入部位や量にもよりますが、手術の結果、ひと回り大きくハリのあるたくましい亀頭に仕上がります。
    勃起時には、亀頭部のハリ、さらに弾力もアップします。

  • Q亀頭増大手術は痛いですか?また、痛みはどのくらい続きますか?
    A

    亀頭増大術は、きちんと局所麻酔を行ったうえで極細の特殊な針を使用して行います。
    局所麻酔を行う際に軽い痛みがありますが、薬剤の注入中、痛みはほとんどありません。
    なお、当院では局所麻酔のかわりに静脈麻酔を選択することもできます。麻酔が効いて眠っている間に手術を行うことが可能です。心配な方はご相談ください。

  • Q亀頭増大術後、痛んだり、性感帯が鈍ったりすることはありませんか?ヒアルロン酸注入後はどれくらいから性行為できますか?注入後のリスクを教えてください。
    A

    亀頭増大術に使用するヒアルロン酸はさまざまな治療に使われている医療用のものであり、人体に悪影響を及ぼすことはまずありません。
    痛みに関しては、個人差はありますが我慢できないほどの痛みを伴うことはまれです。
    ただ、術後3~4日ほどは注入部を触ると違和感があるかもしれません。
    (※当院では出血が止まって注射痕が消えるまで触ることを控えるよう指導させていただいております)。
    なお、神経を切ったりするわけではないので、亀頭の性感帯が鈍るようなことはありません。

  • Q亀頭増大術を受けられないケースはありますか?
    A

    亀頭増大術では、亀頭部分にヒアルロン酸などの薬剤を注入し、亀頭のサイズアップを図ります。
    包皮に絞扼輪(締めつけが強い部分)がある包茎の方、あるいは真性包茎(亀頭がほぼ完全に包皮に覆われ、露出させることができない状態)の方は亀頭増大のみの単独治療は行えません(包茎手術と同時に治療することは可能です)。

  • Q陰茎増大術を受けると性感帯が鈍ることはありませんか?
    A

    陰茎増大術は、ヒアルロン酸などを含む薬剤を注入する手術が基本となります。
    神経を切ったりするわけではないので、性感帯が鈍ったり、勃起に問題が生じたりするようなことはありません。

Q&Aについてさらに詳しく見る

  • 記載されている料金だけなので安心

    治療料金について

  • 症例毎の治療結果をご確認頂けます

    症例写真

  • プライバシーを重視した完全予約制

    治療までの流れ